相変わらず知らぬ間にドキュメンタリーをしれっと作ってしまっているヴェルナー・ヘルツォーク御大の新作。

アメリカで増加している、運転中に携帯電話でテキストメッセージを送ること(テキスティング)による脇見運転から生じた交通事故について扱った30分ほどのドキュメンタリーで、携帯会社が出資したものらしい。youtubeで全編が視聴できるほか、学校とかにも無償で配布されるそうな。

登場するのはテキスティング中の事故によって不幸に見舞われた4組の被害者および加害者で、半身不随になった少年、アーミッシュの家族3人を死傷させたドライバー、事故で廃人のようになってしまった女性の兄弟、事故で父親を失った娘とその加害者、といった人たちが登場し、事故の状況やその結果などについて淡々と語っていく。

テキスティングの特徴としてドライバーの完全な前方不注意というものがあり、ドライバーが何が起こったのかを把握できていないことや、ブレーキをかけていないため事故が凄惨なものになるということが紹介され、事故の状況を説明している警官が途中で言葉を失うシーンが印象的であった。あと被害者なのにもかかわらず莫大な医療費を請求されるのはアメリカが国として改善すべき問題だよな。

今回はヘルツォークの例のナレーションがないので「ヘルツォークっぽさ」が薄く、免許更新のときに見せられる不幸なビデオの特別延長版という感じではあるが、映像などは美しいし出てくる人たちの言葉は心に刺さりますよ。携帯電話を主因とした脇見運転というのは日本でも増えていると思うので、みなさんこれを観て安全運転を心がけましょう。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now