ジャド・アパトー系のコメディアンがみんな本人役で出演したコメディ映画。でもアパトー自身はこれには関わってないよ。

ジェイ・バルチェルがカナダから久しぶりにロサンゼルスにやってきて、旧友のセス・ローゲンと再会するところから話は始まる。2人はそのあとジェームズ・フランコの大邸宅で行われているパーティーに参加し、ジョナ・ヒルやマイケル・セラ、クレイグ・ロビンソンといった同業者たちに出会う。パーティーは夜中まで続いていたが、街が突然巨大な地震に襲われ、住民の多くが天からの青い光につつまれて昇天してしまう。これは聖書の黙示録に記された終末のときがやってきたのだ。

善人たちは神に選ばれて昇天できたが、ハリウッドのセレブなどという邪な連中が神に認められるわけもなく、大半が地割れに落ちたり業火に焼かれて死んでしまう。バルチェルとローゲン、ヒル、フランコ、ロビンソンの5人はフランコの家に閉じこもり、街を跋扈する魔物たちから身を守ろうとするが、招かれざる客としてダニー・マクブライドがやってきたことから内輪もめが始まり…というようなストーリー。

内輪ネタみたいなものは殆どないのだけど、まあ出演者(および彼らの出演作品)をどれだけ知ってるかで話をどれだけ楽しめるかが大きく変わってくるでしょう。話の中心となるのがジェイ・バルチェルやダニー・マクブライドであることを考えると、日本での劇場公開が見送られたのも無理はないかな。セス・ローゲンはエヴァン・ゴールドバーグと共同監督を務めていて、コメディもできるイケメンのジェームズ・フランコはやはり得だなーといった感じ。他にもエマ・ワトソンやリアーナ、アジズ・アンサリ、ポール・ラッドなどがチョイ役で出ています。そしていちばん体張ってるのがチャニング・テイタム。そこまでやるか?と思うくらいに頑張ってます。

話の半分くらいは出演者のアドリブだったらしく、口論のシーンなんかは本当にケンカしてたらしいが、そんな彼らのやり取りをずっと楽しむような内容になっています。プロット自体は中学生がノートに落書きしてるようなレベルなんだけどね。それで106分という尺はちょっと長いよな。長尺になるところは別にアパトーに見習わなくてもいいのに。あと出演者の大半がユダヤ系であるにも関わらず、「ヨハネの黙示録」通りに話が展開していくことへのツッコミが無かったのが意外だったかな。

前述したように人を選ぶ内容だし、吉本の芸人が総出演したようなノリの映画ではあるものの、個人的にはそれなりに楽しめました。アメリカではヒットしたことで続編の話も出ているらしく、今度はこの映画のプレミア試写会において天変地異がおきるという、なんかメタな話になるらしいのでそっちにも期待しておきます。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now