昨年フランスで放送されたTVシリーズ。原題は「Les revenants」で、同名の劇場映画(邦題は「奇跡の朝」)をもとにしているらしい。

舞台となるのは山に囲まれた小さな町。そこでは4年前に子供たちを乗せたバスが谷底に落ちて全員が死亡するという惨事が起きており、彼らの両親はそのショックからようやく立ち直ろうとしているところだった。そしてある日突然、犠牲者の1人だったカミーユという少女が家に戻ってくる。彼女は事故の記憶を持たず、姿も年齢も当時のままだった。死んだはずの彼女の帰還に、喜びよりも戸惑いを見せる彼女の家族たち。さらに10年前に自殺したサイモンという青年や、30年前に亡くなったコスタス夫人といった死者たちの当時の姿で親族や友人たちの前に現われる。そしてこれに合わせたように町のダムでは水位が謎の低下をはじめ、さらに町は不可解な現象に見舞われるのだった…というようなプロット。

ゾンビものというよりも、超常現象的なスリラーといった内容。日本の「黄泉がえり」と似ているとの声もあるようだけど、あちらは観てないのでよく分かりません。山のなかの小さな町を舞台にしたスリラー、という点では「ツイン・ピークス」を彷彿とさせるな。生き返った殺人鬼や不思議な力を持った少年、ダムの底に沈んだ動物たちなどとさまざまな超常現象が起きるものの、あくまでも帰ってきた人たちに対応する町の住民たちを中心にしたドラマになっている。登場人物が多いので誰が誰だか把握するのに時間がかかるけどね。

ヨーロッパ本土のドラマにありがちな、やけに暗い画面作りはあまり好きではないけれど(彼らはなぜ家でも明かりをつけんのか)、山やダムの光景などは非常に美しく、神秘的でもある。さらにモグワイ(スコットランドの彼らね)が音楽を手がけていて、その重厚かつ不気味な旋律が雰囲気にものすごくマッチしている。というか先に音楽を作ってもらって、それにあわせた撮影をしたらしい。

本国では来年にシーズン2が放送されるらしく、どのような結末を迎えるのか想像もつきませんが、第1話を観た限りではとても良くできた作品。例によって英語版のリメークも作られるようなので、どちらかが日本で放送される可能性はあるんじゃないかな。

このチャンネル4の予告編、音楽はあまり良くないな。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now