シリーズ2から待つこと丸2年!しかし「ホビット」とか「スタートレック」などがあったので、キャスト的にはあまり懐かしいとは感じなかったかな?

第1話は当然のごとく『空き家の冒険』がベースになっていて、2年前に建物から身投げして死んだはずのシャーロックが、しれっとワトソンの前に帰ってくるのが前半の流れで、どうやって彼は死を欺いたのか?という解説がエピソードを通して語られるわけだが、その詳細はここでは書きません。そしてワトソンが何者かに命を狙われ、モリアーティに代わる新たな黒幕の存在が示唆されるわけだが、シャーロックの生還と黒幕の登場に多くの時間が割かれ、肝心の謎解きがおろそかになってしまっているのは残念。犯罪者と知能戦を繰り広げる君の活躍を見たいのだがねホームズ君。

キャストは皆が勢揃いで、イギリスのどんより曇った空のもとシャーロックに翻弄されています。新キャラとしてはワトソンの婚約者が登場するが、彼女を演じてる役者さんってマーティン・フリーマンの実のパートナーなのか。あとは薄幸な検死医のモリーさんの出番が今まで以上に多くて、シャーロックにも心を開かれたりするのに、相変わらず不幸せそうな顔をしているのが幸いでございます。

また脚本をマーク・ゲイティスが書いているせいか、彼が演じるマイクロフト・ホームズが登場する場面が多いものの、政府の力を駆使できる彼が活躍するのはちょっとズルいんだよな。それと劇中ではガイ・フォークス・ナイトが舞台になっているけど、最後の犯罪プランってそのまんま「V・フォー・ヴェンデッタ」(コミック版のほう)のパクリでは…?

シャーロックの帰還に時間をとりすぎて、話としてはイマイチなところもあったが、次回から本調子に戻ることを期待しましょう。なおシリーズ3で完結するかと思ってたら、シリーズ4も作られるのかな?とはいえ謎解きを後の話に引きずったりせず、1話できちんと事件が解決される展開を望みたいところです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now