ナレーション業界(特に映画の予告編)を舞台にしたコメディドラマ。

ハリウッド映画の予告編のナレーションといえばドン・ラフォンテーンという伝説的な存在がいて、彼のキャッチフレーズ「In A World…」はあまたの予告編のナレーションで使われてきたわけですが、そのラフォンテーン亡きあと、誰が次のラフォンテーンになれるか?というのがこの映画の設定。主人公のキャロルは役者たちの発音コーチをしながらもナレーターを目指す女の子で、父親のサムはナレーターの大御所であるものの女性のキャロルには一切アドバイスを与えず、若いガールフレンドが出来たといってキャロルを家から追い出してしまうような奴。仕方なしに姉夫婦の家に転がり込んだキャロルは、新作映画のナレーションのオーディションに参加して仕事を勝ち取るものの、サムの友人でナレーター界のスターであるグスタフはそれを快く思わず…というようなストーリー。

主演と監督は「CHILDRENS HOSPITAL」に出ているコメディエンヌのレイク・ベル。あの番組の共演者であるロブ・コードリーやケン・マリーノのほか、ディミトリ・マーティンとかティグ・ノタロ、ニック・オファーマンといった中堅どころのコメディアンがいろいろ出演しているぞ。

女性の声優がアイドル的な扱いを受けている日本では想像もつかないが、ハリウッドのナレーション業界は男性のナレーターが圧倒的なシェアを占めているらしく、それを風刺した内容にもなっている。ラストにはしっかりジーナ・デイビス大統領が出てきてフェミニズムについて語ってくれるよ!(「あなたが女性だから選んだのよ」と言うのもそれはそれで差別的な気もするが)

全体的に粗削りなところもあって、姉夫婦の離婚危機のプロットは不要だったんじゃないかとか、ナレーション業界のことをもっと描いて欲しかった気もするものの、女の子が奮闘するコメディは嫌いではないですよ。個人的にも英語の訛りには興味があるので、いろんな外国人の会話を隠れて録音する主人公の姿とかは面白かったっす。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now