いつの間にか「サンダンスチャンネル」から改名していた「サンダンスTV」の新作ドラマ。

サンダンスチャンネルってマイナーなインディペンデント映画を放送するチャンネルというイメージが強かったのだけど、最近では「Top Of The Lake」や「The Returned」といった評判が高い海外の評判が高いTVシリーズを放送したり、冤罪が証明されて十数年ぶりに故郷に帰ってきた死刑囚の姿を描いたオリジナルドラマ「Rectify」などを作ったりして注目されているチャンネルなのであります。これらのドラマのざっくりとした共通点は「田舎町が舞台のサスペンス」「その田舎には湖があって、死体が沈んでる」といったところでして、決して気軽に観られるような内容ではないのだけど、改名してさらにTVシリーズに力を入れていくんじゃないかな。

そしてこの「RED ROAD」は「Rectify」に続く第2のオリジナルドラマで、舞台はアパラチア山脈のインディアン居留地。そこでニューヨーク大学の学生が行方不明になるという事件が起き、警官であるハロルドは捜索をはじめる。じつはその大学生はインディアンの男によって殺害され、湖に沈められていた(ほらね)。ゴロツキの親分に命じられ、その後始末をするために前科者のフィリップがやってくるのだが、ハロルドの元アル中の妻が起こした不祥事の証拠をフィリップが掴んでしまい…というような内容。

あとはインディアンと白人の微妙な関係をバックに、ハロルドの娘とフィリップの弟の恋愛などが描かれ、相変わらずドロドロとした展開になっています。大学生が殺害された理由などは説明されず、第1話を観た限りでは話の全貌が分かりにくいのも「Top Of The Lake」とかと同じか。ノワール的な雰囲気は悪くないんだけどどね。

ハロルドを演じるのはマーティン・ヘンダーソン。あー「OFF THE MAP」のイケメン医者やってた人ね。そしてフィリップを演じるのが「ゲーム・オブ・スローンズ」のジェイソン・モモア。彼ってハワイアンというイメージが強かったんだけど、いちおうネイティヴ・アメリカンの血もひいてるのか。あとは私生活のトラブルで隠匿していたトム・サイズモアが久しぶりにゲストとして顔を見せている。

面白い番組になるかどうかは今後の展開を待たんと何とも言えんな。「Top Of The Lake」が日本で放送されたのでこちらも日本に来る可能性はあるかもしれないが、骨太な男のドラマなので受けはしないだろうな。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now