「AVクラブ」の記事で知ったのだけど、「THE DIGITAL COMIC MUSEUM」なるサイトで大量のゴールデンエイジ(1950年代初頭くらいまでの作品のこと)のコミックが閲覧できるようになっている。数千冊くらいのコミックがアーカイブされているのかな?

ブラウザ上ですべて無料で閲覧できるほか、登録(これも無料)すればCBRファイル形式でダウンロードでき、リーダーアプリなどで読めるという便利さ。作品はみんな有志が原書やマイクロフィッシュをスキャンしてアップロードしているのかな?昔のコミックのマイクロフィッシュって日本の大学にも保管されてたりして、学生時代に卒論の参考にするために閉架書庫から引っ張りだしていた憶えがある。

公開されている作品はすべてパブリックドメインに属しているものらしく、DCコミックスやマーヴェル(もしくはその前身の会社)の作品は置いてないものの、検索するとジョー・サイモン&ジャック・カービーのロマンスものとか、スティーブ・ディトコの初期の作品とか、ジャック・コールの「プラスチックマン」とか、ウィル・アイズナーの「ザ・スピリット」とか、有名どころもざっと揃っていてかなり凄い(つうか「ザ・スピリット」ってパブリックドメイン作品なのか?)。

当時のコミックの常として作家のクレジットが明記されていないものの、意外な人が意外なコミックを描いているのを見つけるのも面白いかと。またコミックス・コード(いわゆる倫理規制)が敷かれる前の作品は、思ってた以上に性的に刺激的なものがあるのも新しい発見であった。いまでこそスーパーヒーローものが大半を占めるアメコミだけど、当時はロマンスやらホラーやらウェスタンやら、多種多様なジャンルで市場が満ちあふれていたんだよな。あとは日本軍がプロパンガンダ的に悪役扱いされてたり、黒人やアジア人がグロテスクなカリカチュアとして描かれていた時代があったというのを知るのも勉強になるかと。

アメコミの初心者にもマニアにもお勧めできるサイト。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now