「300」鑑賞

51cav8atcul_ss500_.jpg

やっと「300」を観た。

う〜ん、なんかダメ。「V・フォー・ヴェンデッタ」と同じで、製作側の原作に対する忠誠心は感じられるものの、脚色がマズいために十分に楽しめない作品になってしまっている。

アメコミ原理主義者として言わせてもらうと、全体的に演出が派手で騒がしく、原作にあった静と動のコントラストが失われているのが残念。以前に「シン・シティ」についても書いたけど、コミックではクールに決めて印象的になっていた場面が、映画だと過剰な音楽がついたりして逆になんか陳腐になってしまっている。例えば「ここはスパルタじゃい!!」のセリフなんかも、原作では慌てふためく伝令に対してレオニダスが無慈悲に言い放つ姿がカッコよかったのに(下図参照)、映画だとテンション高すぎて何だかなあ、という感じ。まあこの場面がネット上でカルト的人気を誇っていることを考えると、多くの人は映画の演出を気に入ってるみたいだけどね。

ほぼ全てがグリーンバックという映像については、あまり何も言う気はないが、リン・ヴァーリィの素晴らしい色使いが反映されてなかったのは残念なところか。戦闘シーンはそれなりに観てて楽しめたけど、なんかスローモーションを使い過ぎのような?スローを効果的に使い切れていないところが、ジョン・ウーのようなベテランとザック・スナイダーの力量の差ですかね。あと「大軍の通れない狭い道で戦うこと」が話の要なのに、やけに広いところで戦っていたような…?遠くから弓矢で総攻撃されるようなところにいちゃ駄目じゃん。ファランクスの組み方もなんか違ってたような気がする。

そして一番意味不明だったのが、スパルタでの王妃のシーンの数々。あれなに?あんなの原作に無いよ?原作では短い出番ながら、死地に赴く夫に向かって「あなたが昨晩お盛んだったのは、こういうこと(子孫作り)だったのね」と言って陰で涙を流すシーン1つが非常に印象的だったのに、映画だとスパルタでウロウロしてる姿が何度も挿入されて、戦地の場面の緊張感を削ぐことしきり。最近の映画じゃヒロインの活躍をそれなりに映し出すのが必須なのかもしれないが、これは女子供の出てくる作品じゃないんだよぉ!「アラビアのロレンス」を見習え!こんなんで話を膨らませるんだったら、ステリオスあたりをもっと活躍させればよかったのに。

あと最後の名セリフ「クセルクセス… 死ね!」を削除したことは、それこそ死刑に値する。あれこそテンション最大で叫んでいいセリフなのに。

でもいちおう製作側の弁明をさせてもらうと、原作を映像化したいという熱気はきちんと伝わってくるんですよ。あれだけ暴力的な内容にするにはスタジオともかなりケンカしただろうし。ただ結局のところ監督たちの力不足によって、映像化には失敗してるような気がする。コミックの映画化についてはいろいろ言いたいことがあるんだが、これはまたの機会にする。アメリカではこの映画が大ヒットしたおかげで、あの「ウォッチメン」を映画化する承認をザック・スナイダーは手にしたわけだが、この映画を観た限りでは、あまり期待できそうにない気がする。

300.jpg

Trackback

no comment untill now

Add your comment now