2000年代になって「ビーバス&バットヘッド」を復活させたりして、なんか日和ったなと勝手に思ってたマイク・ジャッジがいつのまにか作っていたHBOの新作コメディ。例によって第1話が公式のYouTubeチャンネルにあがってるのでIPアドレスをゴニョゴニョすれば視聴可能だよ。

タイトル通りシリコンバレーを舞台に、若きプログラマーたちを主人公にした内容で、グーグルもどきの大企業に勤めるリチャードは職場の雰囲気に居心地の悪さを感じながらも、仕事の合間に音楽配信サービスの立ち上げに取り組んでいたが、そこで使われているデータ圧縮のアルゴリズムが非常に画期的なものであることが周囲に知られ、会社の社長より直々に技術の買収を数百万ドルでオファーされることに。さらにシリコンバレーの大物からもオファーが届き、リチャードのとった選択は…というような内容。

どうもジャッジは80年代に実際にシリコンバレーで働いていたことがあるらしく、そのカルトな雰囲気が嫌ですぐ辞めたらしいが、番組の内容も比較的シリコンバレーに批判的なような。ハリウッド以上に金が集まるようになったシリコンバレーにおいて、企業のリーダーたちはエコロジーやスピリチュアリズムにはまり、プログラマーたちはリーダーたちを盲信し、ギークな社員たちの間にもヒエラルキーが存在していることなどが描かれている。サラリーマンが主人公のジャッジのコメディといえば「リストラ・マン」が有名だが、過度なリベラリズム二対する風刺という点ではむしろ「The Goode Family」に内容が似ているかな。劇中に出てくるネタの多くは実際の出来事をベースにしたらしいけど、俺もシリコンバレーの文化に詳しくないので少しジョークが分からないところもありました。

主役のリチャードを演じるのはトーマス・ミドルディッチ。あまりよく知らない役者だな。しかし彼と同居しているプログラマーとして、TJミラーやマーティン・スター、クーメル・ナンジャニーといった強力な役者陣が出演しております。

HBOのコメディの常として抱腹絶倒するようなものではないけど、ダメ男たちが奮闘するドラマとしては面白くなりそうなんじゃないでしょうか。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now