朝青龍を擁護する

二場所出場禁止って、いちばんロクでもない処分になってしまったような気がする。

いや、明らかに朝青龍に非があるのは分かるんですけどね、9月に国技館へ行って横綱2人の土俵入りを見ようかと思ってた俺には非常に残念な話かと。なんだかんだで相撲取り(特に横綱)は相撲とってナンボなので、むしろ無給で引きずり出して巡業に参加させるとかにしたほうが盛り上がったんじゃないの?まあ巡業部の意地みたいなのもあったのかもしれないけど。あと横審が怒ったって話もあったけど、エビサワに偉そうなこと言われたくないわな。

んでこういうときに文句をたれる奴に限って、やれ外国人はダメだの相撲は国技だの言ってくるけど、外国人力士があれだけ台頭してるのは、裏を返せば日本人力士があまりにもふがいないという現実があるわけで、むしろ国技を外国人たちに担ってもらっているという考えはないのかね。スポーツ新聞なんかでもヤンキーズの松井が通訳付きで渡米して現地で日本食をとってるのはOKで、外国人が単身で日本に来てチョンマゲ結って苦労してるのは単なる「出稼ぎ」とみなすような記事をみかけるが、なんか変じゃないか?

今回の件から期待できることがあるとすれば、朝青龍不在ということで他の力士の優勝争いが面白くなりそうなことくらいか。これを機会に朝青龍にはじっくり静養してもらって、ヒール路線を貫いたまま復帰してほしいところです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now