flashgordon.jpg

Sci-fiチャンネルの最新オリジナル番組「FLASH GORDON」の第1話がiTunesストアで無料配布されていたので鑑賞する。これは名前のとおり、コミックから始まってTVシリーズや映画にもなったSFの古典的傑作「フラッシュ・ゴードン」の最新のリメイク作品なんだが、アメリカではすでにボロクソに叩かれているようで、確かになんかものすごくダメな作品になっていた。

そもそも「フラッシュ・ゴードン」って大宇宙を舞台にした血湧き肉踊る冒険活劇のはずなのに、なんか微笑ましいくらいにチマチマした内容になってしまっているのが痛い。主人公のフラッシュ・ゴードンはいい年して母親と暮らしているヤサ男という設定で、地元のボウリング場(トホホ…)に出現したエイリアンの謎を追ううちに空間ゲートを通ってモンゴ星に到着するわけだが、そんな状況になっても元カノのヒロインと痴話ゲンカを繰り広げるような、とてもじゃないがヒーローとは言い難い奴になってしまっている。そしてモンゴ星の支配者、情け容赦なき皇帝ミン様といえば従来は狂ったモンゴル人のような容貌が印象的なキャラクターだったのに、今回のミン様はベンチャー企業の若社長のようなショボい格好になっていて、全然怖くないでやんの。しかも娘がいるんだけど、こいつがスポイルされたすげー生意気な女で、地球に来ても自分に似合う服がないと言って文句ばかりたれてやんの。これのどこがSF活劇なんだよ!ロケットも宇宙船も出てこないし、空間ゲートを通って異星に行く話だったら「スターゲート」のほうが100倍は面白いぞ。というか大昔の白黒のシリアル映画のほうがまだ観てて興奮できたと思う。ダメ作品!打ち切れ!

fuckoff.jpg

これがかつてのミン皇帝様。怖いね〜!

16.jpg

んでこれが今回のミン。俺でもケンカに勝てそう。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now