jfcposter.jpg

HBOは有料ケーブル局なのに無料ポッドキャストやビデオキャストに意外と積極的で、「REAL TIME WITH BILL MAHER」が音声のみ全編聴けたり、「EXTRAS」とか「FLIGHT OF THE CONCHORDS」の1エピソードがまるまる観れたりと、なかなか太っ腹なサービス(宣伝?)をやってくれてたりする。そんなわけで、HBOの夏の新作「JOHN FROM CINCINNATI」の第1話がビデオキャストとして提供されていたので早速鑑賞。

「NYPDブルー」の共同原案者として知られるデビッド・ミルチによるこのシリーズは、カリフォルニアのインペリアル・ビーチを舞台にした「暗いサーフィン・ドラマ」。ミッチ・ヨストは伝説的なサーファーとして知られる存在だったが、サーフィンを競技としてとらえる最近の流行について否定的な立場をとり、半ば隠遁状態にあった。妻との仲もうまくいかず、息子のブッチーにいたってはヘロイン中毒になっている始末。孫のショーンこそはまともに育てようとするものの、決してうまくは行っていなかった。そんなヨスト一家のもとに、ジョンという名の謎めいた青年が現れる。彼はきちんとした会話もできないような青年だったが、何かしら奇妙な能力を持っていた。そして彼の出現により、ヨスト一家の生活は大きく変わることになる…。というのが大まかなプロット。

HBOのドラマだけあって撮影などに金がかかっていて、サーフィンのシーンなんかはなかなかの見もの。役者もブルース・グリーンウッドをはじめレベッカ・デモーネイやエド・オニール、ルーク・ペリー、ルイス・ガスマンといった渋い連中が揃っている。でも残念ながら肝心の話が意味不明なんだよね。SFというか超常現象というかスピリチュアルな要素が多分に含まれていて、謎の青年ジョンは一見するとメンヘルな人なんだけど、ポケットからドラえもんのごとく役立つものを次々と取り出したり、彼の出現にあわせてミッチが宙に浮かぶようになるなど、なんかよく分かんない展開が続いていく。おかげでアメリカでの評判は大して良くなく、1シーズンでの打ち切りが決定したんだとか。決して悪い作品だとは思わないけどね。ジョー・ストラマーの曲に合わせたオープニングもカッコいいのに。とりあえずiTunesストアとかで無料で入手できるので、興味ある人は今のうちに観ときましょう。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now