「(ブッシュ)政権の最後まで務めることはできない。財政上の理由だ」だってさ。トニー・スノーの言うことなんてロクに信用できないけど、もしこの理由が本当だとしたら、世界的に顔の知れた政府の役人が、ガンになったために経済的に苦しくなって年収2000万円近い仕事を離れるわけで、マイケル・ムーアに指摘されなくてもアメリカではおちおち病気にもかかってられんなあと実感。ダース・ベイダーのごとき重病人であるチェイニーが副業に精を出す理由も分かるような気がする。

ちなみにスノーの後任として有力視されてるダナ・ペリーノは金髪の美人。メガネハゲのアリ・フライシャーから始まるブッシュ政権の報道官の面々は交替のたびにルックスの強化が著しいわけで、いずれはビキニ姿のティーンのおねーちゃんとかが報道官を務めることになるんだろうか。そうすれば支持率がちょっとは上がるかもね。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now