AMCの新シリーズ。例によって公式サイトで第1話が視聴可能。タイトルはコンピューターを暴走(?)させる初期のコマンドらしい。

舞台は1983年。IBMがコンピューター市場を席巻しているなか、元IBM社員のジョー・マクミランがテキサスにある弱小コンピューター会社のカーディフ・エレクトリックにふらっと現れ、そこで働くことに。そしてそこの社員であるゴードン・クラークの才能に目を付けたマクミランは、大きな仕事を持ちかける:それはIBMの人気コンピューターをリバース・エンジニアリングするというものだった。その合法性に疑問を抱きながらも、かつて自身のプロジェクトが挫折した経験を持つクラークは熱意を持って作業に取り組む。さらにマクミランは自分たちの意図をIBMに通告し、彼らが法的措置をチラつかせたことでカーディフ・エレクトリックは否が応でもマクミランを支援しなければならない状況を作り出す。そして才能ある女学生のキャメロン・ハウをチームに加えたマクミランたちは、IBMという巨人を相手にコンピューター業界に革命をもたらそうとするのだった…というプロット。

あちらのメディアでは「80年代版マッドメン」と呼ばれていて、まあ妥当といえば妥当でしょう。そんなに史実に基づいた話にはなってないらしいが、山師のような主人公とヒゲとメガネの相棒、という図式はスティーブ・ジョブズとウォズニアックのコンビを連想せずにはいられない。またゴードン・クラークとその妻は、IBMに負けたOSの開発者がモデルになっているのだとか。なお劇中ではアップルはすでにアップルIIを発表していて、業界の大物という扱いになっている。

俺もコンピューターのこととかそんなに詳しいわけではないけど、最近のキーボードをカタカタさせてハッキングするようなものとは異なり、半田ごてと電光掲示板を使ってIBMのマシンのROMを解読していくさまなどは結構面白かった。あと法的にカーディフ・エレクトリックが主人公たちを支援せざるを得ない状況に持っていく過程がいまいちよく分からなかったけど、上司に疎まれながらもプロジェクトを推進していくという描写はスリルがあってよろしい。ザ・クラッシュやXTCといった当時のバンドによる曲も効果的に使用されている。

出演はリー・ペイスにスクート・マクネイリーにマッケンジー・デイビス…ってあまり日本では有名でないキャストかな。古くさいコンピューターなんかテーマにしてどうなんだろうと思っていたら意外と楽しめる内容であった。ただし第1話の視聴率は芳しくなかったらしいので、第2の「マッドメン」になることはできないかもしれない。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now