Syfyチャンネルの新番組。なんかポール・ベタニーが主演した2010年の映画「レギオン」の続編だそうですが、なぜあんなマイナーな映画の続編を今さら?監督が売り込み頑張ったんだろうな。

舞台は映画版の25年後。神が去ったあとの世界は天使たちに襲撃されて荒廃し、生き残った人類たちは各地の都市に散らばって暮らしていた。主人公のアレックスは城塞都市となったラスベガスを護る兵士の一人だったが、ある日彼を幼いときに見捨てた父親と再会する。彼の父親こそ映画版のジープ・ハンソンであり、彼は体中につけられたイレズミの謎を解明するために世界を放浪していたのだった。その一方でラスベガスの指導者たちの間では不穏な権力争いが起き、さらにはより強力な天使を味方にした天使たちが街を襲撃する…というような内容。

おれ「レギオン」いちおう観たけど内容憶えてないがな…ジープ・ハンソンに加えて、人間たちの味方となる天使ミカエルが映画版に引き続いて登場するのだが、ポール・ベタニーが演じてないので同じ役だと気づくのに30分くらいかかったぞ。映画版は砂漠のなかのダイナーを天使たちが襲撃するという単純な内容だったけど、こちらはなぜ天使たちは飛べるのにラスベガスの空はろくに防御されてないのかとか、そもそも天使たちが人間に憑依できるのなら防御する術ってないんじゃね?などと細かいところが気になってしまうな。

なお荒廃した地球で街を護る物語、という点では同じSyfyの「Defiance」に似てるな。というかあの番組があるのに、なぜ似たような番組にゴーサインを出したのかがよく分からん。出てる役者も「バフィ」のアンソニー・ヘッド以外はよく知らない人たちばかりです。

そして劇場版ではダイナーで生まれた赤ん坊が、人類を救済する「選ばれし者」であるという設定だったけど、ネタバレをしてしまうとアレックスがその赤ん坊だそうな。おれ個人的にこの「選ばれし者」とか「古の予言で語られていた者」とかいう設定が苦手でして、予言がそんなに当たるなら主人公は別に努力する必用ないんじゃない?と思ってしまうのです。むしろ「選ばれてない者」が人類を救うような話の方が面白いだろうにねえ。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now