FXネットワークの新作シリーズ。

バサム・アルファイードは中東の国家アブディンの独裁者の次男であったが、テロなどによって乱れた母国に嫌気がさして政治の後継ぎを兄のジャマールに任せ、自分はロサンゼルスに移住して20年が経とうとしていた。医者として働きアメリカ人の妻子も持ったバサムだったが、甥の結婚式が開かれるということでアブディンに戻ってくるよう父に命じられる。家族に説得されて渋々と母国に戻ったバサムだったが、テロリストだと疑われた人物を兄が拷問するのを目にして、早々に国を去ることを決意する。しかし結婚式において父が心臓発作を起こして死亡し、さらには兄が交通事故によって重傷を負ったことから、彼はアブディンに留まることを余儀なくされてしまう…といような内容。

クリエーターのギデオン・ラフはイスラエル人で、オリジナルの「ホームランド」を作った人なのか。これも「ホームランド」のような政治サスペンスの要素もあるが、むしろ愛憎うずまく家族ドラマになるのかな?短命に終ったNBCの「KINGS」にちょっと似ているかも。

アブディンは当然ながら架空の国家で、イスラム文化を侮辱しないように気をつかったという記事も見かけたが、傲慢な男たちが女性を陵辱するシーンが何回も出てきて、それってイスラム女性の描きかたが紋切り型すぎるのではないか。なおイスラム国家を舞台にした番組といえば、ABCファミリーで企画されていた、サウジアラビアで軟禁される少女を主人公にした番組「Alice In Arabia」がリベラル側から差別的だと抗議を受けてこないだ製作中止になってまして、それに対して番組はもっとイスラム寄りの内容になるはずだったとライターが反論してたりして(実際に話のあらすじは面白そうだった)、まあここらへんの匙加減は難しいよね。

主役のバサムを演じるのはイギリス人のアダム・レイナー。アブディン国民の役の多くをアラブ系でなくイスラエルの役者が演じているようだけど、これってギデオン・ラフの事情とかがあるのかな。知ってる顔としてはボーグ・クイーンことアリス・クリーグが出ています。

主人公が国の運営を任されるようになる展開は個人的に興味があるんだけど、本国の評判は話の展開が遅くて退屈だとか、アダム・レイナーの演技が硬いとかいろいろ叩かれているようなので、おそらく長続きはしない番組でしょう。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now