「LOST」で株を上げて「プロメテウス」で下げた感のあるデイモン・リンデロフによる、HBOの新作シリーズ。例によって第1話が公式に公開されてるのでIPアドレスを(以下略)。

10月14日、世界中から人々が突然消え去るという事件が起きる。年齢や性別、人種に関係なく突如として彼らはいなくなり、その総数は世界人口の2%にものぼった。それから3年後、残された人々は喪失感を抱えながらも通常の生活に戻っていたが、その一方では無言を貫くことを信条とする白装束のカルト集団が信者を増やしており、さらには人々の苦しみを取り除くことができるという謎の人物をリーダーとした別のグループが活動を始めており、そのリーダーはこう呟くのだった:「恵まれた時期は終わった」と…というようなプロット。

「リトル・チルドレン」とかの原作者であるトム・ペロッタの小説を原作にしたもので、ペロッタも脚本に関わっているほか、第1話の監督はピーター・バーグが務めていた。なんかよく分からん謎があって、登場人物がたくさんいて、彼らの過去と謎が徐々に語られていくさまは「LOST」的なのですかね?ただしHBOの番組ということもあってちょっと表現にクセがあり、音楽の使い方なんかはアートシネマっぽいところもあったな。人々が消え去るさまはキリスト教の「携挙(rapture)」をベースにしたものだろうが、第1話を観た限りではスピリチュアルな内容ではなく、また失踪の原因を探るようなSFものでもなく、残された人々たちの葛藤を描いた話になっていた。

主人公となるのはアイオワ(かな?)の町の警察署長を務めるケヴィン・ガーヴィーで、彼の家族は誰も失踪こそしなかったものの見事に崩壊しており、妻はカルト集団に入信し、息子は別のグループのリーダーの手下となり、唯一残った娘はグレているという状況。そんな彼を通じて、日常にじわじわと忍び寄ってくる狂気が描かれていく。

ガーヴィーを演じるのはジャスティン・セロー。「マルホランド・ドライブ」の彼か。あとはリヴ・タイラーとかクリストファー・エクレストンとか、意外とビッグネームが出演しているのだけど第1話ではほとんど出演しておらず、今後どう話が発展していくのか全くわからんなあ。しかし本国のレビューは概ね好調なようなので、とりあえず今後の展開もチェックしていくようにします。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now