むろん2Dな。上映中なので感想を簡潔に。

おれコズミック系のアメコミってあまり好きではなくて、DCも「リージョン・オブ・スーパーヒーローズ」などは殆ど読まなかったのです。よってこの作品の原作にも疎かったので(90年代初頭に出てた前のチームのやつは読んでた)、観る前はある程度の不安があったのだけど、前知識など無しに十分楽しめるスペースオペラでした。「グリーン・ランタン」がすべて間違えたところを、すべてきちんと押さえているというか。

ストーリー自体はかなり王道を行っていて、ならず者たちが反目しあいながらも友情を培っていき、団結して悪を倒し、かつて自分たちを見下していた人たちからも賞賛を受けるというもの。決して目新しさはないものの、変にひねくり回さずにストレートな演出をしていることでちゃんと話に起伏をもたせている。CGのキャラクターの演技にも涙するのってそうあることじゃありませんぜ。まあ女性キャラ同士がタイマン勝負するあたりは、さすがに使い古されすぎてる気がしましたが。

監督のジェームズ・ガンはB級で知られるトロマ・ムービーの出身で、トロマの社長のロイド・カウフマンがしっかりカメオ出演してるあたりは自分のルーツに忠実ではあるな。その微妙にセコいセンスが今回のドタバタ演技にうまくマッチしていて、「スパイダーマン」のサム・ライミもそうだったけどB級ムービー出身の監督ってアメコミ映画によく合うんじゃないだろうか。それ考えるとやはりエドガー・ライトが「アントマン」降板したのは残念だよなあ。

主演のクリス・プラットも、下手すれば痛いだけのダンスシーンなんかを絶妙に演じていて、二枚目半のキャラがよく似合っている。「Parks and Recreation」のボンクラがこんな主役をはれる時代が来るなんて想像もつかなかったよ。ゾーイ・サルダナやバティスタもいいけど、それ以上にCGの仲間が良かったな。あとカレン・ギランはあそこまでメークをコエテコテにするなら別にスキンヘッドにしなくても良かったのでは。そして眉毛が見えないとリー・ペイスは誰だか分からなかった。対して残念だったのは、サノスがあまり強そうに見えなかったことか。

というわけで爽快に楽しめる夏休み映画(九月だけど)としてはうってつけの一作ではないでしょうか。これから他のマーベル映画との絡みが強くなっていくのだろうけど、普通に娯楽柵として独自の路線を進んでいっても良いような気がする。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now