なんかハズレが多い米アマゾンのオリジナルシリーズのなかで、唯一高い評価を得ている作品。

ロサンゼルスに住むサラとアリとジョッシュの3人の兄弟はそれぞれの家族や仕事に没頭していたが、離婚してから一人暮らしをしている父親のモートにある日突然呼び出される。ガンの告知でもされるのかと心配して実家に戻った3人だったが、モートが話したことは他愛のない話だけで、彼女たちは安心して家に帰る。しかしモートは実はトランスジェンダーの男性であり、自分が女性として生きていくことを3人に伝えようとしたのだった…というようなプロット。

30分番組でコメディ扱いされてはいるものの、内容はかなりダウナー系の家族ドラマであった。トランスジェンダーである父親に加えて、3人の子供たちもみな複雑なセクシュアリティを抱えていることが示唆され(長女が元レズビアンとか)、そこらへんがいろいろ絡み合ってくるのだろうけど、第1話を観た限りではずべてが消化不良という感じであった。見せ場になるかと思った父親のカミングアウトのシーンさえもないのだもの(子供たちに告白することができず、最後に長女にバレる)。でも全体的に高い評価を得ているようなので、今後の展開は面白くなるのかな…?

モートを演じるのは「アレステッド・ディベロップメント」のジェフリー・タンバー。齢70にして女装して頑張ってます。あとは知った顔だとジェイ・デュプラスなんかが出ている。露骨に裸が出たりするので、もし日本で放送されるとしても修正が必用になるだろうな。アマゾンのオリジナルシリーズは概してアダルトな内容のものが多い気がするのだけど、地上波局の番組との差別化を意識的に狙ってるのかな?

もしかしたらネットフリックスの番組に対抗して、何かしらの賞を受賞しそうなくらい高い評価を得ている作品なのだが、内容が暗すぎて個人的にはあまりピンときませんでした。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now