Showtimeの新作シリーズ。

ノアはニューヨークの公立学校の教師で、初めての小説を出版し第二作に取りかかろうとしていた。彼は妻と4人の子供を持ち、それなりに充実した生活を送っていたものの、子供たちにジャマされて妻とセックスできないことや、妻の裕福な両親に経済的に頼っていることなどに漠然とした不満を感じていた。そんな彼は夏の旅行で家族を連れて妻の実家のあるロングアイランドに行ったとき、カフェテリアのウエイトレスであるアリソンと出会う。遊び人の夫を持ち、子供を4年前に亡くしていたアリソンは日々のしがない生活に嫌気がさしていたが、ノアを一目見て惹かれるものを感じる。そして彼らはノアの妻の実家の近くで再び出会い、親密な関係になっていくのだが…というプロット。

題名のとおりノアとアリソンの不倫関係を軸にした内容だが、ストーリーの語り方が少し変わっていて、ノアとアリソンのそれぞれの観点から出来事が語られ、それでいて事実が微妙に食い違っていたりする(誰が最初に誘ったか、など)。しかも彼らは数年後に別々に、警察の尋問係らしき人物に物事の顛末を語っていることが示唆され(これっちょっと「トゥルー・ディテクティブ」に似ている)、いったい彼らの間に何が起きたのか?ということが徐々に明かされていくスタイルをとっている。決してサスペンスとかではないのだけど、単なるメロドラマにならずに面白い味付けをしているといえよう。

ノア役がドミニク・ウエストで、アリソン役がルース・ウィルソン。イギリス人の役者はここでも活躍してんなあ。ノアがやけにモテることが冒頭から描写されてるんだけど、ドミニク・ウエストってそういうタイプなのかなあ。「ザ・ワイヤー」のマクノルティもスケコマシだったし。ルース・ウィルソンは「刑事ジョン・ルーサー」のサイコなアリス役が強烈に印象に残ってるけど、こちらでは演技が控え目。でも子供の命日に墓前で泣きながら本を読んであげるあたり、やはりキリキリした感じが伝わって結構怖いです。あとはノアの妻をモーラ・ティアニーが演じて、アリソンの夫をジョシュア・ジャクソンが演じているなどキャストは比較的豪華。あとノアの妻の父親を「ザ・ワイヤー」のロールズ署長ことジョン・ドーマンが演じているのだが、こんなところで「ザ・ワイヤー」の犬猿コンビの復活が拝めるとは思ってもいなかったよ。いちおう仲のいい義理の親子を演じているのだけど、「ザ・ワイヤー」での2人の役を知ってるとちょっとドキドキしてしまった。

海外ではかなり高い評価を得ているようだけど、そのストーリーの語り方の特異性もあり、もうちょっと話が進まないとどういう番組になるかが全く分からんな。でも手堅く作られた作品だと思う。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now