ヴァーティゴ・コミックスの「ヘルブレイザー」…もとい、DCコミックスの同名作品を原作にしたNBCの新シリーズ。

キアヌ君がアメリカンなバージョンを演じていた映画版とは異なり、こっちのジョン・コンスタンティンは金髪のイギリス人でコミック版によく似た外見を持っている。冒頭ではちゃんとイギリスのレイヴンスカー精神病院に収容されているものの、マーケットの都合もあって舞台はすぐさまアメリカに移ります。そこで彼は幽霊を見ることができるイヴという少女を悪魔から救い出し、2人は悪魔退治のために全米横断の旅に出る…という展開になるはずだったのが、イヴ役の女優が第1話のあとで降板してしまったため、別の女性(原作のゼドね)が登場することになるらしい。

原作(特にヴァーティゴ版)では結構えげつないキャラクターだったコンスタンティンだが、こっちでは比較的おとなしめ(?)になってる感じ。エクソシストという肩書きで呪文や魔法陣などで悪魔と戦うのだが、毎回そんな展開だったらすぐ飽きてしまいそうだな。コンスタンティンは他のコミックに脇役で出ているほうが、謎めいた雰囲気があって面白いとずっと前に書いたけど、主人公のミステリアスな感じをどこまで保てるかな。むしろドクター・フェイトのヘルメットなんかが登場してるので、DCコミックスの魔法キャラが登場するスーパーヒーローものになるのかな?

ちなみに原作では大酒飲みのヘビースモーカーという設定だが、地上波ネットワークの番組なので飲酒・喫煙シーンは一切なし。これは早くからファンのあいだで論争の的になってたけど、まー仕方ないわな。むしろ「酒場でタバコを消す」シーンなどを挿入することで頑張っている製作側の努力を認めてあげましょう。

舞台がアメリカになったため、コンスタンティンの姉とか姪などは登場しないかな?でもニューカッスル時代の知人なども登場してるので、どのくらい原作のネタが使われることになるんだろう。なおコンスタンティン唯一の友人であるチャズは登場して相変わらずタクシー運転してますが、なんか不死の存在みたいな設定になっていて、実は彼がいちばんコミックと異なるキャラクターになっているかもしれない。

第1話を観た限りではかなり粗削りな出来になっていて、主演のマット・ライアンも力を入れすぎた演技をしているように思えるのだが、決して悪い内容ではないので、今後の展開(特に「スーパーナチュラル」の二番煎じと思われないこと)に期待。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now