State of Affairs, Season 1
「グレイズ・アナトミー」でちょっと人気出たので、契約途中にも関わらず番組を足蹴にして映画のほうに進出したものの、あまりヒット作に恵まれなくてテレビ業界に戻ってきた(と俺は聞いている)キャサリン・ハイグル主演の新シリーズ。

CIAのアナリストであるチャールストン(チャーリー)・タッカーは、機密文章である「大統領日報」に掲載する案件をとりまとめ、大統領に毎朝提出する業務を担当していた。この日報によって大統領はその日の最重要課題を知り、必用な処置を命じるために、日報に何が掲載されるかが政局を大きく動かすことになるのだ。そして彼女のもとに、ケニアでアメリカ人の医師が誘拐されたというニュースと、テロ組織のリーダーが目撃されたという情報が入ってくる。医師の救出とテロリストの捕獲についてどちらも100%の確証が持てないなか、どちらを日報に入れるべきかチャーリーは悩むのだが…というようなプロットが第1話。

これ単にどちらも報告して、大統領の指示を仰げばいいんじゃね?と思うのだが、まあそれをやったらドラマの醍醐味がないということで。大統領日報(PDB)は確かに非常に重要な情報が記された文章であるらしいのだが、それを編纂する主人公にやけに強大な権限が与えられているような。テロリストを目撃したと報告した軍部に対して「もっと確証を高めてから連絡して!」とはねのけてるし、CIAの元知り合いを使って海外の首脳のボディチェックをやらせたりと、もう何でもやり放題。そんな彼女を快く思わない上司や軍人からは「それお前の業務じゃないだろ!」と怒鳴られてるのですが、その通りですハイ。

どんな機密文章だろうと日報の編纂なんて退屈なデスクワークだと思うのだが、書類をカバンにつめて外出するシーンにまでサスペンス音楽をかぶせていて、いろいろ盛ってんな、という気にならざるを得ない。あと大統領(アルフレ・ウッダードだ)の息子がチャーリーの婚約者だったのだが、1年前に海外の任務において死亡するという事件が起きており、その裏には何があったのか?というのがシリーズを通した謎になるみたい。

まあ全体的に凡庸なドラマですかね。キャサリン・ハイグルもテンパった演技をしているだけだし、本国の評判もあまり良くないようなのでそんなに長続きはしないかと。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now