「LASTDAYS」鑑賞


キャスリン・ビグロー姐さんによる3分ほどの短編で、象牙の密輸がもたらす被害を訴えたもの。公式サイトはこちら

綺麗な象牙の加工品が買われるところから始まり、時間をさかのぼってそれが密輸され、テロリストから売られ、象たちが象牙のために虐殺されていくさまが描かれていく。それに諸々のメッセージが重ねられるのだが、主なものを挙げると:

・希少動物の密輸は、銃や麻薬などについで世界4位の密輸ビジネスになっている。
・象牙の密輸によって得られた収入は、ボコ・ハラムやジャンジャウィードといったテロ集団の資金源になっている。
・15分に一匹の割合で、象が殺害されている。
・あと11年もすれば野生の象は絶滅する可能性がある。

といったもの。アニメーション作品なんだけど、途中でナイロビのショッピングモール襲撃のフッテージが挿入されてるところがビグロー作品っぽいかな。

冒頭で象牙の加工品が買われるのは(たぶん)中国なんだけど、日本だって象牙のハンコが普通に売られているわけだし(「うちの店は許可を得てます」と謳ってるけど、象牙を扱ってることに変わりはないよね)、我々としてできることは象牙の需要を無くすことかと。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now