Doctor Who_ Last Christmas
12代目ドクターになってから初の「ドクター・フー」クリスマス特番な。そんなに重要な展開とかは起きないんだけど、いちおうネタバレ注意。

ドクターと別れてクリスマスの晩に寝ていたクララたんの家の屋根にサンタクロースが落ちてきます。呆気にとられる彼女の前にドクターもやってきて、2人は北極の研究基地へ行くことに。そこでは4人の研究員がいるのですが、ほかの研究員は「夢ガニ」という宇宙生物に襲われて仮死状態になっていました。「夢ガニ」はフェイスハガーのごとく人の顔にとりつき、その人に夢を見させながらゆっくり脳を食らう恐怖の生物だったのです。この生物から身を守る方法を考えるドクターたちですが、クララたんが「夢ガニ」の餌食になってしまい…というプロット。

基地で怪物に襲われるという展開は「Warters of Mars」をはじめ何度もやってるので目新しさはないが、今回は「夢ガニ」が夢を作り出すということで、何が現実で何が夢なのかが分からないという設定が話を面白くしている。夢から覚めたつもりがそこはまた夢で、そこから醒めてもまた夢だった…と幾重にも夢が作られているのはまるで「インセプション」のよう。前シーズンで○○したクララたんの恋人ダニー・ピンクが夢のなかで再登場するのも巧いな。「すべてのクリスマスが最後のクリスマスだ」というタイトルの意味も良かった。

ドクターたちを助けるキャラクターとしてサンタクロースが登場していて、なんでサンタが?というのは観てからのお楽しみ。エドガー・ライトの映画でお馴染みのニック・フロストがサンタを演じていて、ドクターと真っ当にやりあえる奇人っぷりをうまく出している。ただヒゲで顔が隠れていて表情がよく見えないけど。さらに暗い基地の中と夜空の下で話が進むため、全体的に映像が暗いのも気になったな。

夢また夢の幻想的な内容と、ドクターとクララたんの関係がうまく描かれていて、「A Christmas Carol」ほどでないにしろクリスマス特番のなかでは良く出来た方だったな。この話でクララたんが番組を去るという噂もまことしやかに流れていたわけですが、来シーズンも出演するようでめでたしめでたし。シーズン7では不思議少女として描かれていた彼女が、シーズン8ではもっと人間味のある女性になっていてとても良かったわけで、当分はこのコンビによる話が続くことに期待します。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now