2541527-milestone_2
久しぶりにアメコミの話をば。

今週のワシントン・ポスト紙に「マイルストーン・メディアが再び活動するよ」みたいな記事が載っていて、アメコミ業界でちょっと話題になったわけですが、このマイルストーン・メディア(別名マイルストーン・コミックス)というのは1993年に立ち上げられたアメコミの出版社でして、当時のアメコミ業界ってかなりバブルだったものですから、イメージ・コミックスを筆頭に、ヴァリアント・コミックスとかダークホース・コミックスが次々とスーパーヒーローもののコミックを打ち出し、独自のユニバースを構築していたわけですな。

そしてマイルストーンもそんな新興出版社の1つだったわけですが、彼らの特色は黒人のクリエーターたちが集まって「有色人種のスーパーヒーローたち」を創造したことで、よって各タイトルの主役はみんな黒人。スーパーマンのアナローグであるアイコンや、アイアンマンに似たハードウェア、スーパーパワーを持ったギャングであるブラッド・シンジケート、電気を自在に操る少年のスタティックを主役とした4つのタイトルが創刊され、あとからアジア人が主役でアラン・ムーア御大も褒めたという「XOMBI」や白人が主役の「コバルト」などが加わわり、架空の都市「ダコタ」(実在のダコタとは異なる)を舞台にストーリーを展開していったんだよな。
bsyndicate2
登場人物の肌の色を的確に表現するために独自のカラーリング方法を起用し、現実の黒人社会の犯罪問題などを反映させた内容は、「Grim and Gritty」と呼ばれる暗くて暴力的なヒーローたちが「リアル」な存在として流行っていた当時においてはちょっと異質で、個人的には好きだったのです(もちろんマイルストーンの作品もGrim and Grittyの影響を多分に受けているのだが)。

中でも俺の好みは「スタティック」で、スタティックことヴァージル少年は内気ながらも気のいい少年で、パブリック・エネミーとかが好きで、白人(ユダヤ系)のガールフレンドがいて、普通のティーンの目線で街のチンピラたちと戦っていく姿がとても斬新だったわけですね。それまでのティーンのヒーローって、大人のヒーローに鍛えられたエリートみたいな連中が殆どだったから。
static
今となっては意外に聞こえるかもしれないが、90年代のアメコミってまだまだ保守的なところがあって、マーベルのノーススターが92年にゲイであることを「カミングアウト」してものすごい論議が巻き起こったりしてたわけなんですね。そんななかで白人のガールフレンドがいる黒人とか、ゲイのキャラクター(ブラッド・シンジケートに一人いた)とかを登場させたマイルストーンって、他社の暴力的なヒーローよりもずっと革新的だったと思う。

またジョン・ポール・レオンやハンベルト・ラモス、JH・ウィリアムス3世といった現在でも活躍してるアーティストが、まだ新人のときにマイルストーンの作品を担当していたことも特筆されるべきだろう。

ただしそのコンセプトゆえか、あるいはDCコミックス(当時は古くさい会社という印象を持たれていた)に販売委託をしていたせいか、他社の派手な作品に比べると業界紙とかでの扱いも低かったような気がする。そしてDCユニバースとのクロスオーバー・イベントも行なわれたものの人気はぱっとせず、アメコミ業界のバブルの収縮にともなって、他社と同じように3〜4年ですべてのタイトルは打ち切りとなってしまった。日本でも「あんなの映画『マルコムX』に便乗してるだけでしょ」なんて言った奴もいたな。

でもキャラクターの権利の管理はちゃんと行なわれていて、「スタティック」は「スタティック・ショック」という名前でアニメ化されたし、2000年代後半にはDCユニバースに吸収される形でキャラクターが「ティーン・タイタンズ」なんかに登場したんだよな。フレイザー・アーイングがアートを担当した2011年の「XOMBI」なんて本当に面白い作品だったのに、DCがろくにサポートしなかったせいか6話で打ち切られたのが残念。
xombi2panel1
そして冒頭の記事に戻りますと、マイルストーンの創設者であるレジー・ハドリン(「ジャンゴ 繋がれざる者」のプロデューサーな)やデニス・コーワンなんかが集まって、またマイルストーンのキャラクターたちを復活させようね、と話し合ったというもの。まだ具体的な作品などが発表されてないので何とも言えないが、今年のコミコンで発表があるのかな?

過去のスタッフではアニメの脚本とかも書いててキャリア的に絶好調だったドウェイン・マクダフィーや、「スタティック」のライターだったロバート・ワシントン3世が数年前に若くして亡くなっているのが惜しまれるが、90年代に比べるとアメコミの世界はずっと多様性が広がっていて、いろんな人種やセクシャリティや宗教のキャラクターが活躍しているわけですね(売れ行きが苦戦したのもあるけど)。そういう意味ではいまマイルストーンが復活すればより多くの読者を獲得できるのではないかと、往年のファンとしては期待してしまうのです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now