The SlapNBCのミニシリーズ。小説が原作のオーストラリアの番組のリメークだそうな。

ニューヨークの公務員であるヘクターは40歳の誕生日を迎えたが、期待していた昇進を逃し、知り合いの若い女の子(誕生日プレゼントにクリス・ウェアの「Building Stories」をくれるという偉い子)に心を奪われ、どうも憂鬱な一日を過ごしていた。しかし彼の妻子や両親、友人たちがパーティーを開いてくれたために愛想良く振る舞っていたものの、彼の両親と妻の仲が不穏になったり、親戚のハリーと友人のギャリーがケンカしたりとパーティーは波乱含み。しまいにはワガママなギャリーの息子をハリーがひっぱたいたために、そこにいた人たちの関係が一気に最悪なものになり…というプロット。

ハウスパーティーが舞台の群像劇という第1話の展開はインディペンデント映画っぽい作りだな、と思ったら監督が「キッズ・オールライト」のリサ・チョロデンコだった。出演者もピーター・サースガードにブライアン・コックス、ユマ・サーマン、タンディ・ニュートン、ザッカリー・クイントなどとインディペンデント映画に出てそうな俳優が勢揃いしている。

他人の子供を叱る(ひっぱたく)のは許されることなのか?という議論は最近よくアメリカのトークショーなどで耳にするのだけど、まあ時と場合によるよなあ。すぐ親が訴訟を口にしたりするのはアメリカっぽいと思いましたが、これ日本では受け止められ方がえらく違ってくるかもしれない。

他局のミニシリーズ(最近はイベントシリーズと呼ぶらしいね)がSFやアクションに頼っているなか、このような一般家庭を舞台にしたドラマを持ってきた理由は何だろう?とはいえ話の内容は決して悪くはないし、第1話だけでも短編映画を観ているようで面白かった。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now