Age of Ultron poster
これもアメリカで観てしまったよ。当然ながら以下はネタバレ注意:

・現地での大まかな評判は「悪くはないんだけど、前作ほど良くはない」というものだったが、確かにそんな感じ。前作は個々のヒーローが団結して行く流れが快かったのに対し、今回はチームが崩壊の危機を迎えてお互いに戦ったりするわけで、観ててあまりカタルシスが感じられないのよな。後半になってから危機を乗り越えて一緒に戦う展開は良いんだけどね。

・当然ながら今後のマーベル作品への伏線がいろいろ貼られているのだが、これも以前はワクワクさせてくれるものだったのに、だんだんそっちが重要になってストーリーを圧迫しているような感じ。監督のジョス・ウィードンがマーベルのプレッシャーに耐えられずこれ限りで降板したのもよく分かる。

・SHIELDの状態などはTVシリーズの流れを受けてるようなのだけど、そこまでチェックしてる時間はないのよ。映画だけでなくTVともユニバースをシェアさせるのって今後はどんどん整合性がとれなくなってくるんじゃないのか。

・クイックシルバーは「フューチャー&パスト」のほうが良い。まああっちはきっちり見せ場が与えられていたし仕方ないね。

・冒頭にロバート・ゼメキスの「THE WALK」のトレーラーを観た時も思ったのだが、登場人物が東欧とかフランス出身だからといって外国訛りの英語を喋らせる必要ってあるんだろうか。ワンダとピエトロの訛りがどうも気になってしまったよ。

・しかしあのキャラクターがああいう結末を迎えるなら、コミックのほうで無理して設定をああしなくても別によかったんじゃね?

・ウルトロンは良くも悪くも人間味があって、なんかオッサン臭いような。表情のないキャラクターなので、声で感情を表現させるしかなかったんだろうな。

・ビジョンはアンドロイドというよりも顔を赤く塗ったポール・ベタニーにしか見えない。正直カッコわるい。

・ベロニカ可愛いよベロニカ。あれにはハルクのガールフレンドの名前がベティだから対抗してベロニカ、という誰も気付かないアーチー・コミックスへのオマージュが隠されているらしい。

・ “That was a good talk!” ”No it wasn’t!”こういう細かいジョークを書かせるとやはりウィードンは巧い。

・いろいろ厳しいこと書いたけど普通に楽しめる作品ではありますよ。前作の域には達していないだけで。しかし日本版のトレーラーやポスターはネタバレが含まれてると聞いたので観賞後にチェックしたのだが、確かに重要なプロットをバラしてますね。

・世界の他の国よりも2ヶ月近く遅れて公開させ、芸能人を吹替に起用し、事前にかなりネタバレをしているというのは、単に日本の観客がナメられてるのでは。他の国はアメリカとほぼ同時に公開してもそれなりの興行成績を出してるわけで、宣伝に2ヶ月かける必要があるというのは言い訳になってないだろ。

・例えば韓国は税制の優遇(資金援助?)をして映画の撮影を誘致し、韓国人のキャストも登場させてるわけで、日本もそれくらいに国レベルで宣伝に関わっていく必要があるだろう。(ロバート・ダウニーJr.ってまだ日本に入国できないんだっけ?)

・”… Assemble.”

Trackback

no comment untill now

Add your comment now