「Black Angel」鑑賞


1980年に「帝国の逆襲」がイギリスで公開される際に併映されたという短編。

「スター・ウォーズ」のセットデザインや「エイリアン」「ライフ・オブ・ブライアン」のアートデザインを手がけていたロジャー・クリスチャンが、ジョージ・ルーカスに依頼されてスコットランドで撮影したものだとか(撮影監督はテリー・ギリアムとよく組んでいるロジャー・プラット)。その後ネガが紛失して長らく幻の映画扱いされていたものが、30年ぶりくらいにネガが発見され、映画祭で披露されたあとにこうしてyoutubeで公開されることになったのだとか。詳細については監督自らが冒頭でいろいろ語ってるんで参照ください。

内容は数年ぶりに故郷に帰ってきた中世の騎士が、戦争と疫病によって荒廃した城を見て落胆する。しかし彼は黒い天使に仕えるという女性に出会い…というもので、タルコフスキーに受けたいうことなので水のイメージなどはそういう感じなのかしらん。良く言えば抽象的、悪く言えば難解な内容で、チャンバラはあるものの血湧き肉踊る騎士の活躍などを期待してはいけないよ。

一番の見所はスコットランドの大自然で、険しい山々や激しい滝などの光景が作品の雰囲気に合っていて非常に美しい。今となっては荘厳な雲の姿などを見ると「お、CGかな?」と思ってしまうのだけど、当然ながら自然の光景をそのまま映したんだろうな。

スローモーションを使ったチャンバラのシーンは「帝国の逆襲」にも取り入れられたほか、ジョン・ブアマンの「エクスカリバー」もこの作品を参考にしたとのことで、確かに雰囲気は似ているかも。こういう幻想的な騎士の映画って最近は見かけなくなりましたね。

ロジャー・クリスチャンはそのあと「バトルフィールド・アース」を監督してまた違った意味で有名になるのだが、この短編は「ライフ・オブ・ブライアン」と「帝国の逆襲」をつなぐミッシング・リンク的な作品ということでも一見の価値はあるかと。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now