7A0lZ9X
「SENSE8」と書いて「センセイト」と読む。「バビロン5」のJ・マイケル・ストラジンスキーとウォシャウスキー姉弟によるネットフリックスのオリジナルシリーズで、多くのエピソードをウォシャウスキー姉弟が監督している。

第1話を観ただけでは話の全貌がかなり掴みづらいのだが、肉体的に遠く離れていても五感を共有することができるセンセイトという存在がいて、悪のセンセイトと善のセンセイトの間にいた女性のセンセイトが自殺し、それがきっかけとなって世界中の8人の男女にセンセイトの能力が授けられる。ソウルのビジネスウーマンやシカゴの警官、ドイツの金庫破りなど人種も経歴もまったく異なる彼ら8人だったが(みんな英語話してるのはご愛嬌)、他人が目撃したものを自分も目にするといった突然の感覚の共有に戸惑うことになる。しかしその感覚はやがて彼らを結びつけることになり…というストーリー。

まあネットフリックスのシリーズなので、例によってシリーズ全話を一気に視聴することが推奨されてるみたい。よって第1話観ただけでは話が全然分からないのですが、おれ全話観てる時間なんてないのよ。しかも第1シーズンでは8人のセンセイトが実際に出会う展開は無く、あくまでも世界各地での彼らの話が進んでいくらしい…って「HEROES」のティム・クリング作品っぽくってすごく不安なのだが。でも複数エピソードを観た人のレビューはそこそこ好評なようで、クリングの「TOUCH」などよりは面白い内容になってるのかな。

出演者はダリル・ハンナにフリーマ・アジャマンなど。ナイロビやムンバイといった世界各地でロケをしていて金がかかってんなーと思うものの、8人の姿が目まぐるしく描写されるため、どのキャラクターにも感情移入しにくいのだよな。おれ「マトリックス」以降のウォシャウスキー姉弟の作品ってまるで観れてないのですが、「クラウド・アトラス」もこんな感じなの?

たぶん話を追っていけば面白くなる作品なのだろうが…。既に日本語版も作ってるようなので、日本に来たときにみなさん代わりに観ておいてください。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now