first-day-of-camp.0
ネットフリックスの新作シリーズ。

日本では公開されてないし知名度ゼロ(俺も未見)ですが、2001年にアメリカで公開された「Wet Hot American Summer」というコメディ映画がありまして、サマーキャンプを舞台にした80年代のティーン映画のパロディをやってるのですよ(なお予算の都合で撮影は冬にやったらしい)。評論家にはウケなくてロジャー・イバートなどには酷評されたらしいが、監督のデビッド・ウェインをはじめとする「THE STATE」のメンバーたちや、ポール・ラッドにエイミー・ポーラー、クリストファー・メローニ、デビッド・ハイド・ピアース、ブラッドリー・クーパー、ジャニーン・ギャロファロといった、(主に当時は無名だった)有名俳優がたくさん出ていることでカルト的な人気を博している作品なのです。この人気を受け、当時のキャストをそのまま使って(みんな老けてしまっているのだが)プリクエルを撮影するという話は以前からあったのだが、それがついに製作されたというわけ。

当時のキャストは殆ど戻ってきていて、みんな若作りのメイクをしてティーンエイジャーの役を演じてるので、不気味といえば不気味だな。さらに今回はジェーソン・シュワルツマンやジョン・スラッタリー、クリステン・ウィッグ、クリス・パイン(!)といったキャストも出演するようで、無駄に豪華というか何というか。よくこれだけの役者を集められたよな。

内容はキャンプを舞台にしたスケッチコメディみたいな感じで、下ネタを中心に若者たちのシュールなドタバタが繰り広げられるといった内容。キャンプ場のそばに核廃棄物が不法投棄されてるとか、あとにつながるプロットみたいなのもあるのだけど全話観てないので何とも言えません。

登場人物がバカやってるんだけど誰もそれにツッコまない系のコメディ(ウィル・ファレルがよくやってるやつ)って個人的にはあまり好きなタイプのコメディではないけど、さすがにキャストが豪華なので「あ、彼があんな役やってるよ!」と気付きながら観るのだけでも楽しめるかと。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now