ff_futurama3_630.jpg

来た!観た!「フューチャラマ」の復活DVDムービー第1弾。ここに辿り着くまでは長い年月だったなあ。トレーラーがショボかったのと、冒頭で下ネタとグロがちょっと多かったことからあまり期待してなかったんだけど、なんのなんの見事に期待以上の出来を誇る作品になっていた。

話の舞台となるのはTVシリーズが終わってから2年後の3007年。プラネット・エクスプレスの面々はヌーディスト・ビーチで出会ったエイリアンたちによってオンライン詐欺にあい、事務所の資産をすべて奪われたほか、ベンダーはエイリアンの作ったウィルスをダウンロードしたことで彼らの言いなりになってしまう。さらにエイリアンたちはフライの尻になぜかあったイレズミに、時間旅行を可能にするコードが隠されていることをつきとめ、このコードを使ってベンダーを過去に送り、歴史上の財宝をごっそり奪い取らせてくるのだった。すべての財宝(エディ・ヴァン・ヘイレンのギターとかもある)を奪ったエイリアンは、もう誰も過去に戻れないようにフライを抹殺しようとするが、間一髪のところでフライはコードを使って2000年に逃亡する。そこでエイリアンたちはベンダーを過去に送り、彼にフライを殺させようとするのだった…。というのが主なプロット。タイム・トラベルが関係しているだけに、後のほうになると何人ものフライやベンダーが登場してきて話の時間線がかなり複雑になってくるが、「フューチャラマ」ならではのドタバタのおかげでそんなに気にはならない。

とにかく復活を待ちわびたファンたちへのサービスが満載の中身になっていて、プラネット・エキスプレスの面々はもちろん、ロボット・サンタやハーレム・グローブトロッターズ、そしてもちろんヒプノトード様といったマイナーなキャラたちも総出演。アル・ゴアも本人役で出てきて、とんでもないネタをやらかしてくれる。ウサギのビンキーもちょっと出てるでよ。ジョークもキツいのから他愛ないのまでがテンポよく出てきて観る人を飽きさせない。

そしてこのシリーズの強みの1つであり、「シンプソンズ」では決してきちんと表現できなかった「若者の恋物語」が今回もきちんと押さえられているのが素晴らしい。従来のフライとリーラの関係に加えて、今回はラーズという男が出てきてリーラと恋仲になってしまうのが重要なサブプロットになっている。いちおう俺と同年生まれという設定のフライが、いつまでたっても女に恵まれずダメ男のままでいるのを観るとものすごく共感してしまうのです。「シンプソンズ」の劇場版はまだ観てないけど、あっちよりも優れた作品なんじゃないのかな。

技術的な面ではシリーズ初となるHDの映像が奇麗でいい感じ。DVDの特典にはコメンタリーのほか「EVERYBODY LOVES HYPNOTOAD」のフルエピソード(30分ヒプノトードが映ってるだけ)なんてのもあってなかなか楽しい。「フューチャラマに関する数学教室」なんて映像もあるんだが、あれを観るとデビッド・コーエンをはじめとするスタッフが筋金入りのギークだってのがよく分かるぞ。

とまあ、DVD第1弾はそれなりの傑作だったと思う。あと3つDVDムービーが作られる予定なので、今後の期待はいやがうえにも高まるなあ。これらが売れてついにはTVシリーズの復活につながると最高なんだけどね。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now