Mission-impossible-Rogue-Nation
まだ劇場公開中なので感想をざっと。

・前作はアニメ畑のブラッド・バードに初の実写監督を任せ、その賭けが当たって傑作が生まれたわけだが、今回はトム君とズブズブの関係であるクリストファー・マッカリーが脚本・監督を担当したことでスターに甘い作品ができてしまうのではと危惧していたものの、前作ほどではないにしろ娯楽精神に満ちて楽しめる作品になっていた。

・今年は奇しくもこれと「スペクター」「キングスマン」「コードネーム UNCLE」と4つも諜報機関ものの映画が公開されるのだが、本家007作品がドラマを重視したハイブローな方向にシフトしていったのに対し、「キングスマン」はローブローなところを、「UNCLE」はレトロ風味なところを、そして本作はアクションを重視したものということになるのかしらん。

・冒頭から中国の製作会社がクレジットされてることに驚くが、今後も中国出資の作品は増えてくるのかな?まあこのシリーズは3作目で既に中国ロケとかやってましたが。

・世界各地をまたにかけた大活劇のようで、前作のブルジュ・ハリファのような決定的なシーンに欠けているため、話にメリハリが足りない気もする。バイクのチェースは2作目でやってるし、オペラの裏舞台での格闘は007の「慰めの報酬」がやってしまったし。あと脚本家が監督もやったせいか話が必要以上に複雑なような?敵の組織はあんな強大そうなのになぜボスがいちいち現場まで向かうのかとか、水中の金庫は堅牢だろうけどメンテどうするんだとか、ツッコミどころも多かったな。

・あと「アウトロー」もそうだったけど、最後のボスとの戦いの描写が弱い。これはクリストファー・マッカリーの悪いクセなのかな。

・いずれHBOあたりがドナルド・トランプの物語をTVムービー化するときは、トランプ役はアレック・ボールドウィンでお願いします。

・トム君の相手をする女性にはヒールを履かせないことが一種のマナーなのですね。

・劇場のポスターには「最後のミッション!」みたいなことが書かれていたけど、前作でもそんなこと言ってなかった?しかもトム君は来年に新作を撮影開始すること公言してるし…。さすがに年齢的に無理があるようになってきたと思うものの、本人も相当思い入れがあるようなので、前作でジェレミー・レナーに譲ると言った話は破棄して、このまま体にムチ打って無茶なスタントに挑戦し続けてほしいところです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now