colbert-bobblehead-w540
いよいよ「The Late Show with Stephen Colbert」が来月から始まるスティーブン・コルベアーが、女性向け雑誌の「Glamour」に洒落た女性賛美の文章を寄稿していたので、英語の勉強がてらさくっと訳してみた。原文はこちら。とくに難しい文章でもなかったが、途中のダジャレのところは巧く訳せなかったかな。例によって無許可で勝手に翻訳しましたので、掲載を望まない関係者の方はtwitterかテレパシーでご連絡ください。スパムが多くて当ブログのコメント欄は外してしまったのです。
————————————

まず始めに、Glamourのような雑誌に寄稿できて光栄です。あまりにも洗練されていて、名前に追加のuがあるような雑誌なのですから。洗練された雑誌はみんなそうですね。The New YourkerとかRolling Stouneのように。

Glamour誌のスタッフに執筆を依頼されたことに感謝しています。これは同誌の『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』に選ばれなかったことに対する素敵な残念賞といったところでしょうか。もっとも私はその賞を欲しいとは思いませんでしたけどね。あれは女性に与えられるべきだと思うし、そう考えるくらいには私はフェミニストなのです。

誤解しないでくださいよ、私は女性が好きです。女性と結婚してるし、女性から生まれました。さらに高校のときに『ロミオとジュリエット』で女性を演じました。他にコルセットを着られるサイズの人がいなかったので。

今日の女性には、賢明で機知に富み、直感力を持ったロールモデルが何人もいます。マリッサ・メイヤーやミシェル・オバマ、サカガヴィア、緑のM&Mなどが良い例でしょう。

さらにアメリカの国勢調査によると、男性よりも女性のほうが数が多いようです。男性諸君、つまりこれは君らがマイノリティーであることを示しているのだけど、大学の助成金申請書にはそう書かないほうがいいと思うよ。

そして他の夜のトークショーの司会と同じように、私もまた男性だという指摘を受けました。私が仕事を得ていることは嬉しいものの、トークショーの世界に女性がいないことは驚くべきことです。これがシットコムだったら、ピザにすべってビールだらけの簡易トイレに頭から突っ込むデブの夫に貴重な教訓を与えるような、スタイル抜群の奥さんがいたりするのでしょうけど。

才能ある女性コメディアンだってたくさんいるのですが、夜のトークショーの世界は『ソーセージ祭り』(男性だらけの集い)のようです。いずれこれが逆転する日が来るかもしれませんがね。それは『ジョージア・オキーフ回顧展』と呼ばれるでしょう。

女性の数が少ないのはレイトショーだけではありません。女性の鍛冶屋はどこにいるのか?釣具屋の店長は?プロのプールの整備員、ビルの管理者、あるいはFortune 500の会社のCEOは?なぜミニオンたちは小さな陰茎のような形をしているのか?『怒りのデス・ロード』のマッド・マックスはシャーリーズ・セロンのライフルの不機嫌な三脚でしかなかったのに、なぜ主役の扱いを受けているのか?そしてもちろん歴史的に見て、我々の素晴らしき大統領業界は明白に男性主体となっています。しかしそれも2016年に変わるかもしれません。皆が注目してますよ、カーリー・フィオリーナ。

女性が成功した場合でも、彼女たちの物語は語られることがありません。最初のコンピューターであるENIACは、6人の女性数学者によってプログラムされたって知ってましたか?彼女たちのようなパイオニアがいなければ、コンピューターは存在しなかったかもしれません。そしたら我々は『メークなしでもキレイな女優ベスト20(5番目は神様を恨みたくなるわよ!)』といった元気づけられる記事をオンラインで読むことができたでしょうか?

私が言いたいのはこうです:なぜ男女間の不平等はまだ存在し、それはどうやったら止められるのか?私は全ての答えを知っているわけではありません。だって、私が男だからって何でも知ってると思うのは性差別ですよ、ねぇ!そもそも、オトコアメリカの男社会に男組織的に組み込まれた男有利を男説明するのは私の立場ではありません。そんなことしたらオトコマヌケみたいです。

正直なところ、この世は女性が仕切っていたほうが良いのではと思うことがたまにあります。その変化を起こすことは比較的簡単でしょう。世界中の男性に、キャンプの火を起こしたいと伝えればいいんです。焚き木の正しい並べ方とか、ライターの燃料を使うのはズルなのか(*)と男たちが言い争っているあいだに、女性たちは静かに仕事をこなしてしまうでしょう。

しかしそのような革命が起きるまで、私は女性たちのために闘い続けます。なぜなら私は自分自身の女性らしさを十分に理解した男だからです。性というのは範囲で示されるものだと考えますし、私はチャニング・テイタムとクマのプーさんのあいだのどこかにあてはまります。パンツを履かないという点で私とプーさんはよく似ています。帰宅したとたんにパッと脱ぎますから。そしてハチミツのつぼにもう手を突っ込んでるのです。

私は女性が好きなものはみんな好きです:ピーリング洗顔料、コスチュームドラマ、ジョー・マンガニエロの2列目の腹筋、自分の才能に見合った給料、ヨーク・ペパーミント・パティ、レゴラス、同僚からの尊敬、そして暖かくしていることなど。

さらに肉体的にも女性は私に共感できるはずです。私は女性的なヒップを持っています。柔らかくて掴みやすくて、ローライズのリーバイスから溢れています。私は何日にもわたってズボンからはみ出た贅肉(マフィントップ)を保ってました。確かに他のトークショーの司会にもイケメンはいます。ジミー・ファロンにはボーイッシュな魅力があるし、同性が好きな女性は、目を細めて凝視すればジミー・キンメルは荒れたミラ・クニスのように見えてくるでしょう。しかし女性の視聴者に必要なのはイケメンだけではありません。彼女たちは自分たちの声の代弁者が必要なのです。そしてこの文章をもって、私は本当に女性の観点を備えていると証明できたのではないでしょうか。なんせこれはうちのスタッフの女性ライター2人が大半を書きましたからね。

重要なのは、あなたたちのために私はいるということであり、私は『レイト・ショー』を女性にアピールするだけでなく、女性の声を讃える番組にすることに最善を尽くします。最近のテレビを観てると、女性であることとはヨーグルトを繊細に食べるとか、陰鬱な日に前向きな気分になる方法を探すとか、家探しをすることであるかのように錯覚しますが、私は本当に女性を尊重した番組を作るつもりです。女性であることとはもっと多様なことです。あなたは女性が好きな女性かもしれないし、女性と男性が好きな女性かもしれません。あるいは最近性転換した女性かもしれませんし、もしかしたらあなたは男性で、ガールフレンドが買ってきたこの雑誌を興味本位で読んでるのかもしれません。

あなたが誰であろうと、私は前向きになって対応することを約束します。私の贅肉はそれでよく目立ちます。

(*)ズルだよ!

スティーブン・コルベアーが司会を務める「The Late Show With Stephen Colbert」は9月8日よりCBSで放送開始。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now