Supergirl, Season 1
CBSの新シリーズ。「マン・オブ・スティール」とは別のユニバースの話だと思うが、スーパーマン(顔は出さずに背後しか見えない)以外はあちらと同じキャラクターが登場するようではないので、それなりに棲みわけはするつもりなのかな?あと放送局が違うので「アロー」や「ザ・フラッシュ」とも別のユニバースになってるみたい。

スーパーマンことカル・エルのいとこであるカラ・エルは13歳のとき、故郷のクリプトンが崩壊するにあたって、地球に送られた幼児のカルを見守るためにカルの後からロケットで飛び立つものの、事故によって時の流れないファントムゾーンに幽閉されてしまい、24年間にやっと地球に到着する。そしてすでに成人してスーパーマンとなっていたカルに見つけられ、デンバース夫妻の養子となって普通の女の子として育てられる。やがて姉のアレックスとともにナショナル・シティーで働くことになるものの、困った人たちを助けて街を守るために、いとこと同様にスーパーヒーローとなって活躍するのでした…というようなあらすじ。

スーパーガールはスーパーマンよりも年長だった!という意外な事実が明らかにされるわけだが、カラ・エルことカラ・デンバースは舌足らずでドジなメガネっ娘という設定で非常にカワイイでやんすよ。新米のスーパーヒーローという雰囲気がよく出ていると思う。危機に陥った人々を救うために走りながらシャツを開いて胸の「S」のマークを出すシーンにはね、やはり「マン・オブ・スティール」には欠けていた爽快感があるよな。

コミックからのキャラクターも数多く登場していて、ジミー・オルセン(黒人)がメトロポリスから引っ越してきているほか、カラが働く新聞社のボスはキャット・グラントだし、あとはマックスウェル・ロードとかレッド・トルネードなんかも出てくるみたい。エイリアンの監視組織であるDEOの司令官がハンク・ヘンショウだというのが気になるが、やはり原作どおりいずれ悪に転じてサイボーグ・スーパーマンになるのか?つうかDEOが出てくるということはボーンズ長官やキャメロン・チェイスが登場する可能性もあるのか?

気になるのは「ザ・フラッシュ」もそうだけど、主人公の正体を知っている人がやたら多いこと。ジミー・オルセンや職場の同僚のテック野郎(トイマンの息子という設定らしい)はまだしも、DEOのスタッフもみんな知ってるような感じで、正体がヴィランにばれたら一大事だろうに。なおカラがファントムゾーンを抜けたときに、クリプトンの罪人を載せた監獄船も一緒に地球に到着していたという設定になっており、ヴィランは「マン・オブ・スティール」同様に悪のクリプトン人が多くなるみたい。

スーパーガールを演じるのはメリッサ・ベノイスト(発音は「ブノワ」ではないよ)。「セッション」とかにも出てたけど今回はコケティッシュな魅力があって非常に良いです。あとはキャット・グラントをキャリスタ・フロックハートが演じていて、ちょっとコメディっぽい演技がやはり彼女には似合いますね。主人公の養父母はディーン・ケインにヘレン・スレイターと、過去にスーパーマンやスーパーガールを演じた役者が起用されてるのがニヤリとさせられるところだが、カメオ出演的な扱いなのかな?

アクションシーンもよく出来てるし、主人公の姿が日本の男女にも受けると思うので、これはぜひ日本でも放送してほしい作品。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now