eds1_keyart_downloadable_full
サム・ライミの「死霊のはらわた」のTVシリーズ版だよ。リメイクのほうでなくオリジナル版の続編という扱いだが、権利の関係で「キャプテン・スーパーマーケット」は無かったことになってるのかな?

主人公は映画版と同じく、ブルース・キャンベル演じるアッシュ。森の一軒家でネクロノミコンによって召喚された悪霊たちとの戦いで一人生き残った彼は、トラウマを抱えつつトレーラーハウスで一人暮らす中年になっていたが、その一方では酒場に出かけて年増の女性をひっかけるボンクラでもあった。しかし彼の周りに悪霊たちがふたたび現れるようになる。実はアッシュが女性を家に招いたとき、マリファナをキメてハイになった彼は、「俺は詩が朗読できるんだぜ」とカッコつけて、保管していたネクロノミコンに書かれた呪文を読んでしまったのだ(アホ…)。悪霊たちは彼の住んでる町に現れ、アッシュ以外の住人も攻撃するようになる。そこでアッシュは仕事先の電気屋で働くパブロとケリーという二人の若者を仲間にし、悪霊たちに立ち向かっていくのだった…というあらすじ。

第1話の監督はサム・ライミだし、音楽も劇場版と同じくジョセフ・ロデュカが担当と、昔の仲間が集まって作ったという雰囲気で非常にこなれた作りになっている。アッシュがチェーンソーを装着するシーンとかね、やっぱカッコいいのよ。ライミ映画のトレードマークである黄色いオールズモビルも健在だし。ボンクラだったアッシュが突然強くなったり、そもそも悪霊退治って何をするんだよといったツッコミはいくらでもできるものの、いいんだよ細けえことは!基本的なノリはコメディだけど、有料ケーブルチャンネルの作品なのでスプラッター描写も惜しみなく使われてるぞ。

第1話は約45分あって、悪霊に仲間を殺された女性警察官と、彼女が出会う謎の女性のプロットがアッシュたちの話に絡まないので少し冗長な感じもしたが、2話以降は30分になるので短くてパンチのある展開になることに期待。この謎の女性を演じるのがサム・ライミ製作の「Xena: Warrior Princess」のルーシー・ローレスなので、そのままアッシュvsジーナをやってくれても良さそうなんだけど、さすがにそういう展開にはならないみたい。

第1話の評判は良いようで、早くもシーズン2の製作が決定したらしいし、近いうちに日本でも観られるといいですね。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now