poster-the-art-of-more
ソニーがアメリカで展開している無料配信サービスCRACKLEの初のオリジナルシリーズ。

軍隊上がりのグレアムは、アートに関する膨大な知識と、イラクに派遣されていた際に略奪した財宝をもとに、美術品のオークション・ビジネスで成り上がろうとしていた。まず彼はアート・コレクターで金持ちのダヴェンポートをクライアントにしてオークションハウスに入社し、さらにはエキセントリックな大富豪のサム・ブラクナーの信頼を得ようと策略を張り巡らせる。しかしライバルのエージェントが彼を妨害しようとするほか、イラク時代の好ましからぬ仲間が現れたことで事態は意外な方向へと進んで行く…というようなあらすじ。

金持ちが数億円の美術品をポンポン競り落とすリッチな世界を舞台にしたサスペンスだが、ゴージャスなセットとかが作られてそれらしき雰囲気は良く出ていた。これ製作費が結構かかってそうだな。美術品のほかにロックのメモラビアなどといった品が扱われ、さらに偽物や闇ルート経由の品なども出てくる内容になるみたい。

主人公のグレアムを演じるのは「Cemetery Junction」のクリスチャン・クック。最近見てないな…と思ったら意外と多くのアメリカのTVシリーズに出てるんだな。そんな彼のビッチなライバルを演じるのがケイト・ボズワースで、ダヴェンポートを演じるのがケイリー・エルウィス。そしてドナルド・トランプみたいな金持ちのブラクナーを演じるのがデニス・クエイドと、かなり豪華なキャストが顔を揃えていた。CRACKLEってどれだけの人気があるのか知らないけど、これはキャストもセットデザインも、地上波ネットワークの番組に負けないくらいのレベルに達しているかと。

上流階級の世界を舞台にしたドラマかと思いきや、イラク時代の知り合いによる殺人事件とかも出てきたりして、今後の話の方向性がいまいち見えにくいところはあったものの、話の続きが気になるくらいの出来の作品であった。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now