The Magicians, Season 1
レヴ・グロスマンの小説をもとにした、Syfyチャンネルの新シリーズ。

手品が得意な大学生のクエンティン・コールドウォーターは鬱病のため薬物治療を受けていたが、大学院に行くために受験を受けることにする。しかし彼は友人のステラとともにブレイクビルス大学という謎の大学に入り込んでしまい、二人はそこで奇妙な試験を受けることになる。実はブレイクビルス大学は魔法を教えるための隠された大学であり、魔法使いになれる可能性をもった若者たちを探していたのだった。そしてクエンティンは試験に受かって入学を認められるものの、ステラは落第してしまう。クエンティンは大学に慣れていく一方で、子供の頃からの愛読書「フィロリーとその彼方」の登場人物が実在していることを知り、彼女から恐るべき「獣」の存在を警告される。またステラはブレイクビルスのことを忘れることができず、そのうちに謎めいた人物からの接触を受ける。そして大学の授業中、クエンティンの前に「獣」が現れ…というあらすじ。

あらすじだけ聞くと「大人向けのハリー・ポッター」みたいな印象を受けるが、もっとダークでメランコリックな感じ。ニール・ゲイマンやヴァーティゴ・コミックスの作品に似ているところがあるかな。原作よりも主人公たちの設定が少し年上になってるようだけど、魔法を使った子ども向けの騒ぎなどもなく、もっと若者の屈折を反映した抑えた演出になっているのが逆に新鮮でもある。

第1話の監督は「アナザー・プラネット」のマイク・ケーヒル。主演のジェイソン・ラルフをはじめ出演者は比較的無名の役者が多いかな。

なかなか文章では説明しづらいのだけど、演出や音楽など、さらにクリフハンガーの終わり方も含め、今後の展開にかなり期待が持てそうな内容であった。魔法をテーマにした番組としては、BBCの「ジョナサン・ストレンジとミスター・ノレル」と並んでここ最近の作品ではベストの出来になるかもしれない。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now