「COP CAR」鑑賞

Cop Car
ケビン・ベーコン主演のサスペンス。

舞台となるのはアメリカのど田舎で、家を離れて草原を歩いていたトラビスとハリソンの少年ふたりは、誰も乗っていない警察車両を発見する。その中に入って遊んでいた二人は車のキーを発見し、エンジンをかけてドライブに繰り出すことに。しかしその車両は汚職警官のクレッツアー(ベーコン)のものであり、車に入った「ブツ」を取り返したいクレッツアーによって少年二人は恐ろしい目に遭うのであった…というあらすじ。

尺は90分もないし、あらすじも上記のようにいたってシンプル。予告編を観れば話の8割が分かってしまうので、車で遊ぶ少年たちとか、彼らを追いかけるために別の車を奪うベーコンのシーンが余計に長く感じられるのよな。決して間延びしているわけではないのだけど、サスペンスの盛り上げ方が物足りないというか。こういう話って無邪気に楽しんでいた少年たちの気持ちががだんだん恐怖にとって代わられる描写がキモになるべきなのだが、少年たちの怖がり方が中途半端だったな。ここらへん芥川龍之介の「トロッコ」とか読んで勉強すべし。

あらゆる手を用いて盗まれた車の場所を探し出す悪徳警官(保安官か)のケビン・ベーコンの演技が最大の取り柄ではあるものの、ベーコンっていままでいろんな悪役を演じてきたので、意外性が無いといえば無いかもしれない。あとは俺の好きなカムリン・マンハイムが出ています。

まあ悪くはない低予算映画と言ってしまえばそれだけなのだが、この監督のジョン・ワッツって次は「スパイダーマン」の新作を撮ることが決まっているわけで、この作品を観る限りではちょっと大丈夫かな…?と思ってしまったよ。次のピーター・パーカーはさらに若くなる設定だが、特に少年の描写が上手いとも思えなかったし。例えば「アメイジング・スパイダーマン」を撮ったマーク・ウェブは男女の恋愛描写は非常に上手かったし、低予算映画「彼女はパートタイムトラベラー」のあとにいきなり「ジュラシック・ワールド」撮ったコリン・トレボロウも「トラベラー」は結構面白かったわけですが、この監督からはあまり光るものを感じないのよな。この不安が杞憂に終わると良いのですが…。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now