DC's Legends of Tomorrow, Season 1
「Marvel’s Agents of S.H.I.E.L.D.」に並んで長ったらしい名前を持ったアメコミ原作の新シリーズで、「アロー」と「フラッシュ」のスピンオフにあたる作品。

2166年の未来において、世界は永遠の命を持つ悪者ヴァンダル・サヴェジによって支配されようとしていた。時間と歴史を監視するタイム・マスターズの一員であるリップ・ハンターはこの事態を重く受け止め、歴史には干渉しないというタイム・マスターズの掟に背き、タイムマシーン「ウェイブライダー」(そう、この作品ではウェイブライダーは人物でなく乗り物なのだ)を駆って、50年前の2016年の世界へとやってくる。そこで彼は未来で「伝説」として崇められるという8人のスーパーヒーローとヴィランを集め、彼らの助けを借りることにする。そして彼らはまずサヴェジの消息を知るために1975年の世界へと向かうのだが…というあらすじ。

リップ・ハンターが現代で召集するのは、ファイヤーストームに合体する二人と、ホークマンとホークガール、ホワイト・カナリー、アトム、そしてキャプテン・コールドとヒートウェイブの8人。みんな既に「アロー」や「フラッシュ」に登場したことあるんだっけ?アメコミや他の番組を知らないと、話についていくのは結構しんどいかも。グリーン・アローやブラック・カナリーもちょっと出てきます。

第1話はパイロット版の前編ということで明確な結末があるわけでもなく、チームの結成までの描写に多くの時間がとられている。というか登場人物がいかんせん多いだけに、チームに加わる動機を各キャラクターごとにいちいち描くだけでかなり長ったらしく感じられるのよな。劇中でもチームが二手に分かれたりしてたけど、やはり登場人物が多すぎるんじゃないだろうか。そのくせ彼らを追いかけてきた、レーザー銃を持ったヴィラン(クロノス)一人に大苦戦してやんの。8対1で手こずるスーパーヒーローって弱すぎるだろ。

タイムトラベルを前面に出した内容なので、ちょっと「ドクター・フー」っぽいところもあり。そもそもリップ・ハンター役を11代目ドクターのコンパニオンだったアーサー・ダーヴィルに演じさせてるあたり、作り手もDWを意識してるんじゃないかと。今後は西部時代にも行って、ジョナ・ヘックスが出てくるんだとか?

タイムマシーンや派手なドンパチが出てきて、前の2番組よりもさらにSF番組っぽい作りになっているわけだが、地上波ネットワーク作品なので特殊効果などはそれなりに立派ですよ。アメリカはこういうのをゴールデンタイムに放送してしまうのだなあ。日本でも早々にDVDが出ることが決まってるみたいだけど、どこまで人気が出ますかね?

Trackback

no comment untill now

Add your comment now