変な夢を観た

なぜか夢のなかでは自分がジム・キャリーにそっくりという設定になっていて、サンシャイン60で行われている映画祭に行ったらファンや警備員や通訳さんにすべて顔パスでキャリー本人扱いされ、そのまま記者会見に出る寸前まで行くのだが、さすがにフランク・ダラボンにはバレるだろうと思って怖じ気づき(「マジェスティック」の会見だったのか?)、「ラストサムライ」の会見のためにトム・クルーズが会場にやってきたときのドサクサに紛れ込んで会場の窓から屋根伝いに脱走する…という訳の分からない夢だった。しかも通訳さんがなぜかベルトにかけるワイヤーを用意していて、それを階段の天井からぶら下げて強度を確かめるという意味不明な展開もあったような。

実生活ではジム・キャリーに似てるなんて言われたこと1度もないですが。誰かこの夢の解釈ができたら教えてください。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now