「CHI-RAQ」鑑賞

Chi-Raq
スパイク・リーの新作映画。彼の作品を観たのって10年ぶりくらいだな。

「シャイ・ラク」という題名はシカゴとイラクの名前を掛け合わせたもので、シカゴで銃による犯罪が急増したことから市民の犠牲者がイラク以上に多くなったという状況を比喩したもの。また劇中に登場するギャングスタ・ラッパーの名前でもある。劇中でも説明されるが古代ギリシアの戯曲「女の平和」を翻案したもので、トロージャンズとスパルタンズという2大ギャングの抗争に巻き込まれ、幼い子供を含む一般市民が命を落としていることに業を煮やしたリューシストラテーという女性が「セックス・ストライキ」を起こし、男たちが抗争を止めない限りはセックスの相手をしないことにする。彼女の周りの女性たちもこれに同意し、さらにはこの運動が世界中(日本も含む)に広がったことにより、世の中の男性たちは抗争を続けるか女性に従うかの選択を迫られるのだが…というあらすじ。

まあ風刺だからね、セックス・ストライキの効果とかを真面目に論じてはいけませんよ(リベリアとかで実際に行われたらしいが)。女性たちに蜂起されてあたふたする男たちの姿を描いたコメディだと思えば良いかと。歌や踊りのシーンがあったり、(ここネタバレ)最後はエロ漫画のごとく「ベッドで勝負だぁ!」となる悪趣味な展開があったりするものの、その一方では銃による被害を真面目に描いていたりして、コメディとしてもドラマとしても中途半端な印象を抱いてしまうことは否めない。どうも説教くさくなってしまうのがスパイク・リーの問題というか。意外とタイラー・ペリーあたりが監督したほうが面白くなったんじゃね?

またトレイヴォン・マーティンとかベン・カーソンとかブラック・ライブズ・マターといった黒人に関する時事ネタがわんさか盛り込まれているほか、戯曲っぽい演出を意識しているためセリフの6割くらいが韻を踏んでいるという。これ日本語に訳すの難しそうだな…。

サミュエル・L・ジャクソンが観客に直接語りかける狂言回しを演じているほか、ニック・キャノンやジェニファー・ハドソン、ウェズリー・スナイプスにアンジェラ・バセットなどといった有名どころの黒人俳優がいろいろ出演してます。黒人だらけの教会で説教する牧師をジョン・キューザックが演じているが、あれは実際にああいう白人の牧師がいるみたい。あとは市長役のD・B・スウィーニーが結構いい演技やってます。デイブ・シャペルが久しぶりに演技をしてるのだけど、声が低くなった?あと驚いたのは「ザ・ワイヤー」のフェリシティ・ピアーソンがチョイ役で出てたことで、こないだ麻薬の取引で逮捕されてなかったっけ?

映画としては明らかに破綻しているんだけど、いろいろ詰め込んだために破綻したのだと肯定的に考えるようにしましょう。作られる価値があって、観られる価値のある作品かと。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now