久しぶりにちょっと更新。

・「黒本」の中身の続き。「THE CRAZY WIDE FOREVER」なる小説の引用が数ページ続く。これはジャック・ケルアックの「路上」(オン・ザ・ロード)の主人公サル・パラダイスが書いたものという設定なんだが、全編がビートニク調の話し言葉で埋め尽くされ、文の区切りがほとんどない「意識の流れ」的な文体になっていて読みづらいったらありゃしない。おそらく「BLACK DOSSIER」の中でもいちばん読みづらい文章なんじゃないかな。いったい何が書かれているのかを理解するのは至難の業なんだが、とりあえず例によってクトゥルフ神話の怪物が言及されるほか、ウィリアム・バロウズの小説の登場人物や、ダシール・ハメットの探偵コンチネンタル・オプについても言及されてるみたい。そして「路上」のもう一人の重要人物であるディーン・モリアーティは実はあのモリアーティ教授の孫ということになっており、アメリカに来ていたミナ&クォーターメインと一緒に、フー・マンチューの孫であるドクター・サックスと戦う…というのが話の山場らしい。「路上」の原書って読んだことないけど、こんなに読みにくい文体で書かれてるのか?
・ちなみにこの小説のあいだには8ページのティファナ・バイブルが挟まれている。「1984」の工場を舞台に、横の女性労働者に発情した主人公(ウィンストン・スミスか?)がベルトコンベアの上で彼女とヤるものの、特高に捕まって101号室送りになる…という純然たるポルノ。こういうのが何の脈絡もなく挟まれているのが最近のムーア作品の特徴ではある。
・「黒本」の最後のページ。”M”のレポートという形式をとっていて、アメリカに渡ってイギリス政府からの連絡を絶ったミナ&クォーターメインに対する断絶的な情報が語られる。1950年代のミナたちはアメリカで登場していたスーパーヒーローたちに出会っていたらしい。こういう形であれ、ムーアがメインストリームのスーパーヒーローについて言及するのはちょっと珍しいかな。

「黒本」の中身の紹介はこれで終わり。物語はいよいよ終盤へ!

Trackback

no comment untill now

Add your comment now