Southpaw
アントン・フークア監督のボクシング映画。日本では8月公開かな?

ビリー・ホープはライトヘビー級の無敗のチャンピオンで美しい妻と娘にも恵まれていたが、彼との対戦を求める選手とのいざこざにおいて、妻が流れ弾を受けて死んでしまう。これのショックで自暴自棄になったビリーは飲酒運転などで事故を起こし、ボクシングのライセンスばかりか娘の養育権まで剥奪されてしまう。すべてを失ってどん底に落ちた彼は、町の小さなボクシングジムのトレーナーと出会い、再起をかけてまたボクシングを始めるのだが…というようなあらすじ。

予告編でバラされている内容が1時間半くらいかけて展開していく時点でもう減点対象なのだが、なんか3流漫画誌にありそうな非常にベタなストーリーの作品。すべてを失った男が、娘のために再起を誓う…って話は今までどれだけ目にしてきたことか。主人公と妻が孤児院の出身だとか、家庭内暴力に悩む少年がジムに通っているとか、コテコテな設定が中途半端に投げ込まれています。脚本は「サンズ・オブ・アナーキー」とかやはり短命に終わった「THE BASTARD EXECUTIONER」のカート・サッターだが、彼の脚本って肩に力が入りすぎていて話の流れに緩急が無いのでは。

これもともとはエミネム(左利き)が主演する予定だったのが、音楽活動に専念したいということで主役がジェイク・ギレンホールに交代したらしい。しかしギレンホールは右利きだ!「サウスポー」という題名を残す必要はあったのか?とはいえその前は「ナイトクローラー」でガリガリに痩せていたギレンホールが、短期間で筋肉モリモリの役作りをしたのは凄いけどね。主人公のサイコっぽい戦い方は「ナイトクローラー」に通じるものがあって、激昂して鏡をブチ壊すシーンもまたやってます。

ただ主人公が「殴られれば殴られるほど強くなる」というこれまたベタな設定なため、試合中は喋ってばかりでろくにガードをせずにボコボコに殴られてるのだが、実際にそんな試合やったら負けてますから!ガードができないチャンピオンって何なんだよ。良い子はマネしちゃだめだよ。

脇役にはレイチェル・マクアダムスとかフォレスト・ウィテカーとか揃えてるのにろくに活用してなくて勿体無い、一方でカーティス・ジョンソン(50セント)は演技がヘタなので起用しないほうがいいいと思うぞ。アントン・フークアって微妙な内容の娯楽映画ばかり作ってる印象があるのだけど、これもそんな作品であった。最近のボクシング映画ならこれじゃなくて「クリード」観ましょう。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now