Hap and Leonard, Season 1
ジョー・R・ランズデールの人気小説シリーズ「ハップとレナード」をTVシリーズにしたもの。おれ3作目の「罪深き誘惑のマンボ」だけ読んだことあるけど、意外と邦訳が多く出てるのね。

舞台は1988年のテキサス東部。40代の白人であるハップ・コリンズと黒人でゲイのレナード・パインは性格こそ正反対なものの、幼いときからの友人であり、日雇いの労働者として農園などで汗を流して働いていた。そんな二人のもとにハップの元妻であるトルーディーがやってくる。彼女はいま左翼の活動家と結婚しており、20年前に起きた銀行強盗の際に川の底へと沈んだ20万ドルの現金について夫が聞きつけたことから、その川について詳しいハップに手助けを求めてきたのだ。金が欲しいハップとレナードは仕方なしに彼女に協力するものの、彼女の夫とその仲間たちはどうも怪しい連中ばかり。さらに凶暴な殺し屋たちがやってきて…というあらすじ。

全6話のミニシリーズという構成になっていて、話の内容は小説の第1作に沿ったもの?これが好評なら以降の小説を順に映像化していくのかな。小説はかなり暴力的だった印象があるけど、第1話は話の序盤ということで派手なアクションもなく、比較的淡々と話が進んで行く感じ。今後は殺し屋たちとの血なまぐさい展開が繰り広げられるのかな。

銃の達人ながら暴力を嫌い、徴兵を拒否して投獄された経験もあるハップを演じるのはジェームズ・ピュアフォイ。いまやアメリカ南部のホワイトトラッシュ男もイギリス人俳優が演じるようになってしまった。対して血気盛んでケンカも強いレナードを演じるのがマイケル・K・ウィリアムズ。彼は「ザ・ワイヤー」でもゲイのギャングスタを演じてたのであまり違和感はなし。この二人、以前にも「The Philanthropist」というシリーズで共演してたような。そして元妻のトルーディーを演じるのがクリスティーナ・ヘンドリックス。あとはビル・セージなんかが出てます。

原作はもっとテキサスの田舎の偏屈さや小汚さが強調されてたような気がするが、映像化にあたってずいぶん綺麗になっているような感じ。ジョー・R・ランズデールの小説(というかコミック)は好きなので、うまくヒットして続編も作ってほしいところです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now