Z for Zachariah
「Z」のついた題名から、またゾンビ物かよと思って観たら全然違った。1974年に出た同名のジュブナイルSF(邦題「死の影の谷間」)を映像化したもの。

舞台となるのは、放射能によって殆どの人類が死滅した地球(核戦争によるものだろうが、明言はされていない)。気候や周囲の山によって放射能から守られた谷間に一人で暮らすアンは、ある日防護服をまとった謎の男ジョンに遭遇する。当初は彼を警戒していたアンだがジョンが誤って被曝したことから彼を介抱し、やがて彼らは一緒に生活するようになる。科学者であるジョンはサバイバルについての知識をアンに与え、やがて二人はねんごろな仲になるのだが、そこに新たな放浪者としてケイレブという男性が現れる。情緒が不安定なジョンに対して心優しいケイレブにもアンは惹かれ、やがて3人の関係は微妙なものになっていく…というあらすじ。

原作にケイレブは登場せず、アンとジョンの出会いと対立を描いているのだとか?SFっぽい展開は殆どなくて、世界に残された3人の男女の心理劇のような内容になっている。舞台はアメリカだが撮影はニュージーランドで行われたらしくて、山の谷間の雲海の映像とかやはり綺麗だなあと。

アンは信心深い農家の娘で、神よりも科学を信じるジョンとのあいだにわだかまりがあるのだが、そこはあまり深くは掘り下げられず。また白人ふたりに対する黒人という立場についてジョンが言及するところがあるものの、そこも深くは語られず。いろいろ面白そうなテーマは出てくるものの、どうも全体的に詰めが甘いんだよな。終わり方についても、もっと余韻を持たせることができたであろうに。あと終盤で突然タルコフスキーの「ストーカー」のオマージュが出てきたのは何だったのか。

監督は「コンプライアンス 服従の心理」のクレイグ・ゾベルで、プロデューサーにトビー・マグワイアが名を連ねてるが、なんか彼って最近は微妙な作品のプロデュースばかりやっているような。出演はキウェテル・イジョフォーとマーゴット・ロビーにクリス・パインと意外と豪華。まあこの3人しかキャストはいないわけですが。マーゴット・ロビーがすっぴんメイク(だよね?)で頑張ってます。なお題名にあるザッカリアというのはアダムのAに対する最後の人間Zという意味で、劇中にザッカリアという人が出てくるわけではありません。

極限の状態における男女の確執と受容の話にすればよかったのに、谷間の気候はおだやかだし、食物もやけに豊富だし、全体的に間延びした雰囲気になっているのが残念。もっと優れたものになる可能性はあるのだがなあ。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now