「ANOMALISA」鑑賞

Anomalisa
チャーリー・カウフマンの新作。以下はネタバレ注意な。

元々は10年くらい前に音声のみの劇として上演されたものを、ストップ・モーション・アニメとして映像化したもの。人形の動きとかが、むかしアダルトスイムでやってた「モラル・オレル」に似てるな、と思ったら共同監督のデューク・ジョンソンは「オレル」のクリエーターだったディーノ・スタマトプーロスのもとで働いていた人なんですね。

舞台は2005年。仕事のためにLAからシンシナティにやってきた中年男性のマイケルは、ひとりホテルにチェックインしたあと、かつての恋人に会おうとして彼女をバーに呼び出す。しかし久しぶりの再会もケンカで終わり、寂しく部屋に戻った彼は、別の部屋に宿泊しているリサという女性に出会う。彼女に魅かれるものを感じたマイケルはリサを自分の部屋に誘い、二人は親密な夜を過ごすのだったが…というあらすじ。

デューク・ジョンソンの姉の元夫をモデルにしたというマイケルの声を演じるのがデヴィッド・シューリスで、シャイな女性であるリサの声を演じるのがジェニファー・ジェイソン・リー。その他のキャラクターの声はすべてトム・ヌーナンがあてていて、マイケルの元彼女などから男の声がするのは変に感じられるけど、すべて意味があるんすよ。

アニメーションの出来も素晴らしく、人形の表情がものすごく豊かで人物の感情を的確に表現している。ホテルのデザインなども丁寧に作り込まれていて非常に美しい。一方で「コラライン」などでは消されていた顔の目の部分の継ぎ目がそのまま残されているし、やけに艶かしいセックス描写なんかは人形を使う必要があったのかと思ったけど、これもまた意味があって、人形アニメでないとできなかった表現がきちんと隠されてるわけですね。

話のプロット自体は比較的シンプルな反面、最後のセリフも含めて「ん?」と感じるようなところがいくつかあるわけですが、観終わったあとでそれらについてよくよく考えると、ちゃんと意味が隠されていることに気づくのですね。ホテルの名前とか。

思うに自分と他者とのアイデンティティの境界が大きなテーマになっていて、海外では内容についてある1つの解釈が主流になっているようだけど、それが正しいと思うかどうかは観た人の判断にまかせます。鑑賞後にいろいろ考えさせられる作品であった。

あーげましゅよーあーげましゅよー。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now