「赤い影」鑑賞

5170jv5jw6l_ss500_.jpg

こないだアカデミー主演女優賞を惜しくも逃したジュリー・クリスティーのおっぱいが拝める映画「赤い影」を観る(いや、別にそれが目当てではなかったのですが)。

「地球に落ちて来た男」や「マリリンとアインシュタイン」のニコラス・ローグ監督によるスリラー/ホラーで、幼い娘が川で溺死してしまった夫婦が、気分転換と仕事を兼ねてイギリスからヴェニスに移ってくる。そこで彼らは2人の老姉妹に出会うが、そのうちの1人は強い霊感を持った盲目の女性だった。彼女を通して死んだ娘と話すことができると信じるこむ妻。夫のほうは当初そんな話を信用しないものの、やがて彼の周りに奇妙な出来事が起きるようになる…。というのが大まかな話。この夫婦の妻を演じるのがジュリー・クリスティーで、夫はドナルド・サザーランドが演じている。やはりキーファーよりもドナルドだよな。顔の濃さが全然違う。

撮影監督出身のローグによる作品だけあって、物語のあちこちに象徴的なイメージや、話の手がかりになるような映像が散りばめてあるのが見事。場面の切り替わりの表現や、鏡の使い方なども非常に印象的なものになっていて、これらの映像が話の不気味さを何倍にも醸し出している。またヴェニスという異国の地における不安感と、迷宮のようになった町の描写も怖く、溺死した娘が来ていた服の色である「赤」が重要な象徴として効果的に繰り返し用いられ、これが衝撃的なラストに向かって雰囲気をどんどん盛り上げることに成功している。話自体は比較的単純だが、こうした映像のおかげで奥の深いものになっており、何度も鑑賞してやっと映像の隅々に隠されたモチーフやヒントに気づくような作品なんじゃないかな。個人的には盲目の女性が妻に語った「あなたの夫は能力を持っています。それは恵みでもあり、呪いでもあるのです」という言葉がラストになって大きな意味を持ってきたのが結構衝撃的だった。観たあとでもジワジワと怖さが感じられる映画。

例によってハリウッドではリメイクの話があるみたいですが、どうせまた「ウィッカーマン」みたいな失敗をするんじゃないのかね。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now