Feed the Beast, Season 1
AMCの新シリーズ。デンマークの番組のリメークらしい。

ワインの知識にかけては右に出る者がいないソムリエのトミーは、妻のリーと親友のシェフであるディオンとともにブロンクスにレストランを開く予定だったが、リーがひき逃げにあって死亡してしまい、事故を目撃した二人の息子のTJはショックで失声症になってしまう。さらにヤク中であったディオンがハイになっているうちにレストランを燃やしてしまい、トミーの夢は脆くも崩れてしまう。それから1年後、リーのことを忘れられずアル中気味になっていたトミーのもとに、出所したディオンが戻ってくる。彼は過去にとらわれているトミーを説き伏せ、新たにレストランを開くことを決心させるのだが、実はディオンはポーランド系ギャングに多額の借金をしており、このレストランの収益を彼らに渡すという約束をしていたのだった…というあらすじ。

グルメとミステリーの組み合わせは過去にもいくつかあったが、クライム・サスペンスとの組み合わせは珍しいかも。ディオンは地中海料理を得意とする腕利きのシェフという設定であるものの、暗くて閉め切られたレストランのなかで料理を作ってるため、あまり美味しそうには見えず。彼はギャングだけでなくギャングを狙う刑事にも目をつけられているわけだが、得意の料理も彼らにとっては関係ないわけで、いまいち料理とサスペンスの食い合わせが良くないんだよな。

肝心のサスペンスも、登場人物が無能であるために物事が悪い方向に向かっていく展開が雑な印象を受けた。トミーの息子が口をきかないため意思疎通ができず、周囲の人が勝手に勘違いしていくさまも、見ていてなんかまどろっこしいのよな。息子を失声症にさせた必要ってあったのだろうか。

ちなみに劇中では、ブロンクスって白人がいなくて誰もレストランなんかに行かないような土地だけど、だんだん洗練されてきていて第2のブルックリンのようになってきている。だからいまレストランを開けば人気がでるぞ、といった点が強調されてるのだが、ブロンクスってそんなところなのか?

主演は「フレンズ」のデビッド・シュワイマーで、今回はシリアスな演技を見せてくれます。ディオン役はイギリス出身のジム・スタージェス。あとは「ザ・ワイヤー」のジョン・ドーランなんかが出演していた。

アメリカでの評判もイマイチなようで、成功するにはもうちょっと既存のドラマのスタイルから抜け出す必要があるんだろうなあ。コンセプト自体は悪くないと思うんだけどね。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now