Midnight Special (2016)
ジェフ・ニコルズの新作。これ何も知らないまま観るのがベストだと思うので、以下はネタバレに注意。

舞台となるのはテキサス郊外。目にゴーグルをかけた8歳の少年が、二人の男が運転する車に乗って真夜中を疾走していた。男のうち一人は少年の父親で、カルト教団にいた少年を奪い返し、友人であるもう一人の男性とともに教団から逃れようとしていたのだった。この少年の名前はアルトンといい、神秘的なメッセージを受信するなどといった不思議な能力を持っていたため、教団では神の子のような扱いを受けていた。さらにアルトンがアメリカ政府の極秘の暗号電波をも受信したことから政府が彼の存在に気付き、彼らもアルトンを追い始める。教団と政府に追われるなか、父と子はアルトンが告げた場所へと向かうのだが…というあらすじ。

親と子の不思議なお告げに関する物語、という意味では監督の前々作「テイク・シェルター」に通じるものがあるかな。政府が迫り来るなかでの逃避行は「E.T.」の後半を彷彿とさせるが、個人的には70年代のSF映画っぽい雰囲気も感じました。アルトンが夜空から◯◯を落とすシーンとかゾクゾクするよ。その一方でアルトンの能力が強力すぎて、彼を追う教団と政府があまり怖い存在になってないのが残念。逃避行がもっと絶望的なものになっていればラストのカタルシスが一段と冴えていたかも。あとこの手の作品にしては音楽が比較的凡庸だったかな。クリフ・マルティネスあたりが担当してればもっと印象的な内容になってたのでは。なおエンドクレジットでは監督の兄貴が一曲歌ってます。

主演はニコルズの作品の常連であるマイケル・シャノンで、共演者にはアダム・ドライバー、キルステン・ダンスト、ジョエル・エドガートン、サム・シェパードなどとかなりの面子が揃っている。「ファーゴ」もそうだったけどキルステン・ダンストってオバハン演じるようになってからいい女優になりましたね。

本国ではスピルバーグ作品と比較されているようだけど、そう呼ぶには何かが足りない(子供の観点とか、トラウマ的な父と子の関係とか)ような気がするものの、「スーパー8」なんぞに比べればずっと良いぞ。題名通り真夜中にミニシアターとかで観たら非常に楽しめる映画ではないでしょうか。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now