エロール・モリスといえば、ロイヒター・レポートを信じてるようなバカどもが観るべき「死神博士の栄光と没落」とかアカデミー賞を獲得した「フォッグ・オブ・ウォー」といった硬派な作品で知られるドキュメンタリー作家だが、こんど公開される彼の新作「Standard Operating Procedure」はアブグレイブ刑務所を扱ったものになるらしい。

ここまではいたって普通なんだけど、どうも彼はそのあとに脚本付きのコメディ映画を作りたがっているらしいぞ。「The End of Everything」と名付けられた作品で「俺は愉快な男なんだってことを証明したい」とかなんとか言ってるみたいだが、モリスのコメディってどんなものになるんだろう。しかも作品の題材は「翼のない鳥、「風と共に去りぬ」の作家マーガレット・ミッチェル、火山、そしてローラ・ブッシュ」であるらしい。どんな内容になるかまるで見当がつかん。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now